にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにち基本 平成30年春問題解説 問28 問29 問30

DBソフトは何か一つやってみるといいよー

f:id:koharuwest:20200726101904p:plain

基本1情報処理技術者試験の平成30年春 午前の問題
(全80問)を3問ずつ解いていきます。問題の解き
方や考え方をわかりやすく、解説してみる連載です。
なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。


問28
次の埋込みSQLを用いたプログラムの一部において、
Xは何を表す名前か。

f:id:koharuwest:20200726101309p:plain
ア カーソル
イ スキーマ
ウ テーブル
エ ビュー


問29
データベースの更新前や更新後の値を書き出して、デ
ータベースの更新記録として保存するファイルはどれ
か。

ア ダンプファイル
イ チェックポイントファイル
ウ バックアップファイル
エ ログファイル


問30
RDBMSのロックの粒度に関する次の記述において、
a、bの組合せとして適切なものはどれか。


並行に処理される2つのトランザクションがそれぞれ
一つの表内の複数の行を更新する。行単位のロックを
使用する場合と表単位のロックを使用する場合とを比
べると、ロックの競合がより起こりやすいのは
( a )単位のロックを使用する場合である。また、
トランザクション実行中にロックを管理するためのR
DBMSのメモリ使用領域がより多く必要になるのは
( b )単位のロックを使用する場合である。

f:id:koharuwest:20200726101411p:plain

 

 

 


(正解でござんすよ)





(解説するぞなもし)


28
埋め込み型SQLの問題です。
これをカーソルといって、別のプログラム
の中からデータベースを触れるという。

29
他の3つも覚えて欲しいものですが、この
場合は結果の記録なので、ログです。

30
ロックの競合が起こりやすいのは、データ
の範囲が大きい「表」。一方で、メモリは
トランザクション量で変わっていくので
「行」になります。