にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20201108175215

情報処理国家試験・プログラミングのお勉強ブログ にしのクエスト2

札幌生まれ、IT育ち、にしのさん と にしのくん がおくる情報処理
技術者試験とITな生活。それが「にしのクエスト2」です!

f:id:koharuwest:20201221224520p:plain
コンピュータやIT業界に興味を持ってくれたら、とっても嬉しいです!

(ITパスポート試験について知りたい方はこの記事を読んでね。)

ITパスポート試験について - にしのクエスト2

にしのクエスト2 電子書籍発売中!
用語を覚えるための攻略本な感じだよ
ITパスポート クリティカルフレーズ

国家試験の問題をキャッハウフフしつつ読む変な本
SCライブ29春秋        SC解答ライブ31春R1秋 
SC解答ライブ30春秋 セキュマネ R1A解答ライブ

Unityの連載をまとめたやつです!
はこつむ: Unityで学ぶプログラミング1

Youtubeはこちら
NEW にしのクエスト3 ONLINE ジェラートの幻影 - YouTube

まいにちあいぱす 令和2年秋問題解説 問31 問32 問33

f:id:koharuwest:20210105103819p:plain

ITパスポートの令和2年秋の問題(全100問)を
3問ずつ解いていきます。問題の解き方や考え方をわ
かりやすく、解説してみる連載です。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

 

問31
利用者と提供者をマッチングさせることによって、個
人や企業が所有する自動車、住居、衣服などの使われ
ていない資産を他者に貸与したり、提供者の空き時間
に買い物代行、語学レッスンなどの役務を提供したり
するサービスや仕組みはどれか。

ア クラウドコンピューティング
イ シェアリングエコノミー
ウ テレワーク
エ ワークシェアリング


問32
ある会社のECサイトでは、利用者からのチャットで
の多様な問合せについて、オペレータが対応する仕組
みから、ソフトウェアによる自動対応に変更した。こ
のとき、利用者の過去のチャットの内容などを学習し
て、会話の流れから適切な回答を推測できる仕組みに
変更するために使われた技術として、最も適切なもの
はどれか。

ア AI
イ AR
ウ CRM
エ ERP


問33
インターネット上で通信販売を行っているA社は、販
売促進策として他社が発行するメールマガジンに自社
商品Yの広告を出すことにした。広告は、メールマガ
ジンの購読者が広告中のURLをクリックすると、そ
の商品ページが表示される仕組みになっている。この
販売促進策の前提を表のとおりとしたとき、この販売
促進策での収支がマイナスとならないようにするため
には、商品Yの販売価格は少なくとも何円以上である
必要があるか。ここで、購入者による商品Yの購入は
1人1個に限定されるものとする。また、他のコスト
は考えないものとする。

f:id:koharuwest:20210105111547p:plain
ア 1,020
イ 1,100
ウ 1,500
エ 2,000

 

続きを読む

まいにちあいぱす 令和2年秋問題解説 問28 問29 問30

f:id:koharuwest:20210105103819p:plain

ITパスポートの令和2年秋の問題(全100問)を
3問ずつ解いていきます。問題の解き方や考え方をわ
かりやすく、解説してみる連載です。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

 


問28
新しい概念やアイディアの実証を目的とした、開発の
前段階における検証を表す用語はどれか。

ア CRM
イ KPI
ウ PoC
エ SLA

 

問29
人聞が行っていた定型的な事務作業を、ソフトウェア
のロボットに代替させることによって、自動化や効率
化を図る手段を表す用語として、最も適切なものはど
れか。

ア ROA
イ RPA
ウ SFA
エ SOA


問30
企業の収益性を測る指標の一つであるROEの"E"が表す
ものはどれか。

ア Earnings(所得)
イ Employee(従業員)
ウ Enterprise(企業)
エ Equity(自己資本)

 

続きを読む

Macで行こう 82 FF14のフリートライアルにGOTO

こんにちは。

お正月休み、あまりにも暇で。でも、旅行はできないし。
新しいゲーム買いに行くのもかったるい・・・なので、

FF14のフリートライアルやってみました!

www.finalfantasyxiv.com


あのゲームができない!
といわれているMacでも動くよ!

やったー!

しかも、しばらく無料ですぞ。

インストールや動作環境など

インストールはあっさりなんだけど、インストール先が
「書類」フォルダ以外は選べないし、60GBくらい容
量を食うので、まずはMacの中のデータを整理するとこ
ろから始めた。何せ内臓250GBのSSDなので、外部
のSSDにデータを移した。アプリ自体も2.3GBあるの
で外部に移して、そこから起動でも問題なかった。

けどけど、書類内のインストールフォルダは移動たら動
かないみたいだ・・・残念だ。

2018EarlyのMacBookProでは、高画質だとちょっとフ
ァンの音がうるさい感じ。画質を気持ち落としてあげる
と静かに遊べます。

なお、M1チップには対応しておりません。

懐かしいなあ

FF11とかDQ10はちょろっと遊んだことがあるんだけど、
グラフィックがもう、隔世の感でめちゃくちゃ綺麗なのよ。

f:id:koharuwest:20210104115753j:plain

 

そいでは、良きMacライフを!へばなっ!

Unityで学ぶプログラミング  テトリス的を作る(2)ブロックの色を変える準備

こんにちは!

今回からテトリス的なものを作っていきます。長い連載にな
りますので、気長にお付き合いください。

なお、プログラムの内容は難しいので、初心者には向きませ
ん。いきなり作るのは厳しいのでよろしくお願いします。
また、説明も大幅に省いていきます。

最後に注意事項
ご紹介するのはあくまで「テトリス的」です。そのものでは
ありませんし、非常にシンプルに遊べるだけのものです。

連載終了後に、より詳しい技術的な解説&追加機能を加えた
電子書籍を発行する予定ですので、よろしくお願いします。


今回はブロックに色をつけます。
ブロックの座標によって、配列を読み込み。ブロック自身が
自分の色を判断して色を変化させるという感じにします。

理論的には、こういうものを作ります。

f:id:koharuwest:20210104113204p:plain

なぜ、左右と下に2ブロックのスペースを開けるか
というと、説明が長くなりますので後述します。

でも、表示画面上はこうです。

f:id:koharuwest:20210104113330p:plain

何もないところの色は透明感を出しています。

f:id:koharuwest:20210104113509p:plain

Fadeにしてあげて、AlbedoのAを下げてあげます。

そうそう、カメラ前回のままだと反対側になってしまうので、

f:id:koharuwest:20210104113613p:plain

こんなふうに設定を変えてあげてください。

 

さてさて、まずはGameDirectorにアタッチしてあるGameCを書いていきます。

//フィールドの状態
public int[,] field = new int[16,23];

//フィールドの状態を保存する場所
public int[,] stage = new int[16,23];

//ブロックを格納
int[,] blk =new int[4,4];

//ブロックを一時保存
int[,] blktmp =new int[4,4];
 

変数宣言の部分です。後で使うブロックの部分も宣言してしまいます。
ブロックは4X4でいけるはずです。
一時保存の場所は、回転の時に使います。


フィールドは横10なのですが壁に2、のりしろに4の合計16
縦は20なのですが、壁に1、のりしろに2の合計23確保します。

のりしろの意味は、後でわかりますw

続きの部分です。

//ブロックを格納
public GameObject BlkObj;
 
void Start()
{
 
//コントロール変数
int i,j;
//ブロックを並べる(物理的に)
//タテ21並べた後それを横12
for(i=2;i<14;i++){
for(j=0;j<21;j++){
Instantiate(BlkObj,new Vector3(i*1.0f,j*-1.0f,0),Quaternion.identity);
}
}

これは、前回と同じなのですが、ブロックを並べる数字がちょっと違います。
のりしろの部分は並べないで、見えないようにしています。

デフォのブロックのサイズは1だ!ということがミソです。全て隙間なく並べます。

続けて、配列にデータを入れていきます。

stageは変更を一旦保管する場所。それをfieldに移してあげると、fieldをもとに画
面は変更されていきます。

//壁の設定
for(i=0;i<16;i++){
for(j=0;j<23;j++){
//壁に該当する部分は9
if(i==2||i==13||j==20){
stage[i,j]=9;
}else{
//それ以外は0を入れる
stage[i,j]=0;
}
}
}

//ステージのデータを描く
for(i=0;i<16;i++){
for(j=0;j<23;j++){
field[i,j]=stage[i,j];
}
}

のりしろがあるので、左の壁は2、右の壁は13、下の壁は20になります。

次回は、ブロック側のプログラムを組んでいきます。

それではよきプログラミングライフを!
またね。