にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20240615101703

まいにち応用 令和4年度春問題解説 問79 問80

情報処理技術者試験 応用情報処理の令和4年度春問
題を2問ずつ解いていきます。

問題の解き方や考え方を理解し、暗記していきましょ
う。なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

 

問79
A社はB社に対して業務システムの設計、開発を委託し、A社と
B社は請負契約を結んでいる。作業の実態から、偽装請負とさ
れる事象はどれか。

ア A社の従業員が、B社を作業場所として、A社の責任者の指
  揮命令に従ってシステムの検証を行っている。
イ A社の従業員が、B社を作業場所として、B社の責任者の指
  揮命令に従ってシステムの検証を行っている。
ウ B社の従業員が、A社を作業場所として、A社の責任者の指
  揮命令に従って設計書を作成している。
エ B社の従業員が、A社を作業場所として、B社の責任者の指
  揮命令に従って設計書を作成している。


問80
欧州へ電子部品を輸出するには、RoHS指令への対応が必要で
ある。このRoHS指令の目的として、適切なものはどれか。

ア 家電製品から有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を
  減量するとともに、資源の有効利用を推進する。
イ 機器が発生する電磁妨害が、無線通信機器及びその他の機
  器が意図する動作を妨げるレベルを超えないようにする。
ウ 大量破壊兵器の開発及び拡散、通常兵器の過剰備蓄に関わ
  るおそれがある場合など、国際社会の平和と安全を脅かす
  輸出行為を防止する。
エ 電気電子製品の生産から処分までの全ての段階で、有害物
  質が環境及び人の健康に及ぼす危険を最小化する。

 


(正解)

エア

(本日のクリティカルフレーズ)
・問題に潜む、解答を導くフレーズを赤字で示しています。
 こうきたら、こう返すフレーズですので、要暗記です。

 

問79
A社はB社に対して業務システムの設計、開発を委託し、A社と
B社は請負契約を結んでいる。作業の実態から、偽装請負とさ
れる事象はどれか。

ア A社の従業員が、B社を作業場所として、A社の責任者の指
  揮命令に従ってシステムの検証を行っている。
イ A社の従業員が、B社を作業場所として、B社の責任者の指
  揮命令に従ってシステムの検証を行っている。
ウ B社の従業員が、A社を作業場所として、A社の責任者の指
  揮命令に従って設計書を作成している。
エ B社の従業員が、A社を作業場所として、B社の責任者の指
  揮命令に従って設計書を作成している。

偽装請負とは請負(仕事を任せる。こっちは指揮命令だけする)
の形をとっているのに実際は派遣のような状態になっている状
況を言います。アイエは指揮命令なので関係ありません


問80
欧州へ電子部品を輸出するには、RoHS指令への対応が必要で
ある。このRoHS指令の目的として、適切なものはどれか。

ア 家電製品から有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を
  減量するとともに、資源の有効利用を推進する。
イ 機器が発生する電磁妨害が、無線通信機器及びその他の機
  器が意図する動作を妨げるレベルを超えないようにする。
ウ 大量破壊兵器の開発及び拡散、通常兵器の過剰備蓄に関わ
  るおそれがある場合など、国際社会の平和と安全を脅かす
  輸出行為を防止する。
エ 電気電子製品の生産から処分までの全ての段階で、有害物
  質が環境及び人の健康に及ぼす危険を最小化する。