にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにちあいぱす 令和元年問題解説 問53 問54 問55 問56

DevOpsを「デブ、オエップす」って読んでるのは
私だけでしょうか(だいたひかる)

f:id:koharuwest:20191109231746p:plain

ITパスポート試験の令和元年秋問題を解いていき
ます。問題の解き方や考え方をなるべくわかりやす
く、解説してみる連載です。 

問53
企業におけるITガバナンスを構築し、推進する責任
者として、適切な者は誰か。

ア 株主
イ 経営者
ウ 従業員
エ 情報システム部員

問54
利用者からの問合せの窓口となるサービスデスクでは、
電話や電子メールに加え、自動応答技術を用いてリア
ルタイムで会話形式のコミュニケーションを行うツー
ルが活用されている。このツールとして、最も適切な
ものはどれか。

ア FAQ
イ RPA
ウ エスカレーション
エ チャットボット

問55
ソフトウェア開発におけるDevOpsに関する記述
として、最も適切なものはどれか。

ア 開発側が重要な機能のプロトタイプを作成し、顧
  客とともにその性能を実測して妥当性を評価する。
イ 開発側と運用側が密接に連携し、自動化ツールな
  どを活用して機能などの導入や更新を迅速に進め
  る。
ウ 開発側のプロジェクトマネージャが、開発の各工
  程でその工程の完了を判断した上で次工程に進む
  方式で、ソフトウェアの開発を行う。
エ 利用者のニーズの変化に柔軟に対応するために、
  開発側がソフトウェアを小さな単位に分割し、固
  定した期間で繰り返しながら開発する。

問56
次の作業a〜dのうち、リスクマネジメントにおける、
リスクアセスメントに含まれるものだけを全て挙げた
ものはどれか。

a リスク特定
b リスク分析
c リスク評価
d リスク対応

ア a b
イ a b c
ウ b c d
エ c d


 

 

(解答と解説)

問53
企業におけるなので、経営者。イ。

問54
チャットボット。エ。エスカレーションは上司への相
談です。

問55
DevOpsは運用からきたフィードバックを、即開
発に活かす方法です。イが正解。

問56
リスクアセスメントは調査。対応は入りません。イ。