にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20201108175215

まいにちあいぱす 令和2年秋問題解説 問40 問41 問42

f:id:koharuwest:20210117081149p:plain


ITパスポートの令和2年秋の問題(全100問)を
3問ずつ解いていきます。問題の解き方や考え方をわ
かりやすく、解説してみる連載です。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

 

問40

プロジェクトマネジメントの活動には、プロジェクト統合
マネジメント、プロジェクトスコープマネジメント、プロ
ジェクトスケジュールマネジメント、プロジェクトコスト
マネジメントなどがある。プロジェクト統合マネジメント
の活動には、資源配分を決め、競合する目標や代替案間の
トレードオフを調整することが含まれる。システム開発プ
ロジェクトにおいて、当初の計画にない機能の追加を行う
場合のプロジェクト統合マネジメントの活動として、適切
なものはどれか。

ア 機能追加に掛かる費用を見積もり、必要な予算を確保する。
イ 機能追加に対応するために、納期を変更するか要員を追加
  するかを検討する。
ウ 機能追加のために必要な作業や成果物を明確にし、WBS
  を更新する。
エ 機能追加のための所要期間を見積もり、スケジュールを変
  更する。

 

問41
システム監査の目的に関して、次の記述中のa、bに入れる
字句の適切な組合せはどれか。

情報システムに関わるリスクに対するコントロールの適切な
整備・運用について、( a )のシステム監査人が( b )
することによって、 ITガバナンスの実現に寄与する。

f:id:koharuwest:20210117081656p:plain


問42

情報システム開発の詳細設計が終了し、プログラミングを外部の
ベンダに委託することにした。仕様、成果物及び作業の範囲を明
確に定義した上で、プログラミングを委託先に請負契約で発注す
ることにした。発注元のプロジェクトマネージャのマネジメント
活動として、最も適切なものはどれか。

ア 委託先に定期的な進捗報告を求めるとともに、完成したプロ
  グラムの品質を確認する。
イ 委託先の作業内容を詳細に確認し、生産性の低い要員の交代
  を指示する。
ウ 委託先の作業場所で、要員の出退勤を管理し、稼働状況を確
  認する。
エ 委託先の要員に余力がある場合、仕様変更に伴うプログラミ
  ングの作業を担当者に直接指示する。

 


(正解)




(クリティカル解説)
赤字が解答を導くフレーズ!クリティカルフレーズ!

問40

プロジェクトマネジメントの活動には、プロジェクト統合
マネジメント、プロジェクトスコープマネジメント、プロ
ジェクトスケジュールマネジメント、プロジェクトコスト
マネジメントなどがある。プロジェクト統合マネジメント
の活動には、資源配分を決め、競合する目標や代替案間の
トレードオフを調整することが含まれる。システム開発プ
ロジェクトにおいて、当初の計画にない機能の追加を行う
場合のプロジェクト統合マネジメントの活動として、適切
なものはどれか。

資源配分=人間の配置や時間の配分
トレードオフ=何を犠牲にして何を得るか

ア 機能追加に掛かる費用を見積もり、必要な予算を確保する。
 機能追加に対応するために、納期を変更するか要員を追加
  するかを検討する。
ウ 機能追加のために必要な作業や成果物を明確にし、WBS
  を更新する。
エ 機能追加のための所要期間を見積もり、スケジュールを変
  更する。

 

問41
システム監査の目的に関して、次の記述中のa、bに入れる
字句の適切な組合せはどれか。

情報システムに関わるリスクに対するコントロールの適切な
整備・運用について、( a )のシステム監査人が( b )
することによって、 ITガバナンスの実現に寄与する。

独立した利害関係のない第三者っていうキーワードを覚えて
おきましょう。
また、監査は「仕事の正当性を評価する」役割があります。

f:id:koharuwest:20210117081656p:plain


問42

情報システム開発の詳細設計が終了し、プログラミングを外部の
ベンダに委託することにした。仕様、成果物及び作業の範囲を明
確に定義した上で、プログラミングを委託先に請負契約で発注す
ることにした。発注元のプロジェクトマネージャのマネジメント
活動として、最も適切なものはどれか。

請負は「条件を提示して仕事を任せてしまう」ことだと考えてく
ださい。

 委託先に定期的な進捗報告を求めるとともに、完成したプロ
  グラムの品質を確認する。
イ 委託先の作業内容を詳細に確認し、生産性の低い要員の交代
  を指示する。
ウ 委託先の作業場所で、要員の出退勤を管理し、稼働状況を確
  認する。
エ 委託先の要員に余力がある場合、仕様変更に伴うプログラミ
  ングの作業を担当者に直接指示する。