にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20201108175215

まいにち基本 令和元年問題解説 問5 問6 問7 問8

スタックはバケツのイメージでいきましょう。

f:id:koharuwest:20191214235024p:plain



基本情報処理技術者試験の令和元年問題を解いていき
ます。問題の解き方や考え方をなるべくわかりやすく、
解説してみる連載です。

※問題の引用についてはIPAのルールに則っております。

問5
平均が60、標準偏差が10の正規分布を表すグラフ
はどれか。

f:id:koharuwest:20191215223333p:plain



問6
Random(n)は、0以上n未満の整数を一様な
確率で返す関数である。整数型の変数A、B及びCに
対して次の一連の手続を実行したとき、Cの値が0に
なる確率はどれか。

A=Random(10)
B=Random(10)
C=A-B

ア 1/100
イ 1/20
ウ 1/10
エ 1/5


問7
次のBNFで定義される<変数名>に合致するものは
どれか。

<数字>::=0|1|2|3|4|5|6|7|8|9
<英字>::=A|B|C|D|E|F
<英数字>::=<英字>|<数字>|_
<変数名>::=<英字>|<変数名><英数字>

f:id:koharuwest:20191215223443p:plain




問8
A、C、K、S、Tの順に文字が入力される。スタッ
クを利用して、S、T、A、C、Kという順に文字を
出力するために、最小限必要となるスタックは何個か。
ここで、どのスタックにおいてもポップ操作が実行さ
れたときには必ず文字を出力する。また、スタック間
の文字の移動は行わない。

f:id:koharuwest:20191215223601p:plain



 

 (解答と解説)

 

 

問5
標準偏差はばらつき10なので、50−70になります。
よってアが正解。

問6
10種類と10種類の組み合わせは100通りです。
その中で0になるのは同じ数字の場合のみ。
つまり、10通りしかないので、
10/100=1/10 

正解はウです。


問7
変数名は先頭が英字1文字(該当なし)
もしくは変数名の後に英数字がついたもの。
なので、エしかありません。

問8

2個からいきましょう
[ACK ][S] 
S
[ACK][T]
ST
[ACK][]
ありゃ、もうダメですね。Aが出てきません。

3個だと
[A][C][K]
[A S][C T][K]
STACK
行けそうですね。ウが正解。