あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ

本ブログから電子書籍でてます!よろしくお願いします!
  ※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。

まいにちあいぱす 平成29年秋 問29 PPM 問30 SLCP 問31 労働者派遣法

f:id:koharuwest:20171205220604p:plain

まいにち、平成29年秋の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。今回は3問!


29問/100問、30問/100問
31問/100問です。


問29
自社が保有する複数の事業への経営資源の配分を最適
化するために用いられるPPMの評価軸として、適切
なものはどれか。

ア 技術と製品
イ 市場成長率と市場シェア
ウ 製品と市場
エ 強み・弱みと機会・脅威


問30
次に挙げるソフトウェアライフサイクルの主なプロセ
スのうち、開発するシステムの機能に関して利害関係
者の合意が必要なプロセスはどれか。


企画→要件定義→開発→運用・保守

ア 企画
イ 要件定義
ウ 開発
エ 保守・運用


問31
B社はA社の業務を請け負っている。この業務に関す
るB社の行為のうち、労働者派遣法に照らして、違法
行為となるものだけを全て挙げたものはどれか。

1 A社から請け負った業務を、B社の指揮命令の下
  で、C社からの派遣労働者に行わせる。

2 A社から請け負った業務を、再委託先のD社で確
  実に行うために、C社からの派遣労働者にD社か
  らの納品物をチェックさせる。

3 A社から請け負った業務を、再委託先のD社で確
  実に行うために、C社からの派遣労働者をD社に
  派遣する。


ア 1、2
イ 1、2、3
ウ 2、3
エ 3

 




(解答と解説)

問29
PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)
は市場における製品の市場占有率や成長率を表すも
の。「金のなる木」「問題児」など・・・。思い出
せましたか?

キーワードそのままに「イ」が正解ですね。

問30

ア 企画 ・・・方針を決める
イ 要件定義 ・・・要求や制約事項を確認
ウ 開発 ・・・実際に作成する
エ 保守・運用 ・・・改善しつつ使っていく

利害関係者とのすり合わせが必要なのは要件定義です。
よって、答えは「イ」ですねっ。

問31
労働者派遣法についての問題は「二重派遣の禁止」を
答えさせるケースが多いです。

1 A社から請け負った業務を、B社の指揮命令の下
  で、C社からの派遣労働者に行わせる。

これは指揮命令がB社なので問題ありません。

2 A社から請け負った業務を、再委託先のD社で確
  実に行うために、C社からの派遣労働者にD社か
  らの納品物をチェックさせる。

これも、業務の一環ですね。再派遣は行われてません。

3 A社から請け負った業務を、再委託先のD社で確
  実に行うために、C社からの派遣労働者をD社に
  派遣する。

自分のところに派遣された労働者を再度派遣すること
は違法になります。

よって、違法行為になるのは3のみになるので、正解
は「エ」となります。

次回もよろしくお願いします!