にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにちあいぱす 平成29年秋 問25 問26 問27 問28

明日は高校の卒業式ですか。あれから何年経ったんだ?
・・・考えるのはやめとこう。

f:id:koharuwest:20171225232100p:plain

 

まいにち、平成29年秋の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。

問25
次の事例が該当する、最も適切な用語はどれか。

「継続的成長を達成するために、売上が低迷している
事業領域Aから撤退し、その経営資源を事業領域Bを
強化するために投入する。」


ア 経営環境
イ 経営戦略
ウ 経営ビジョン
エ 経営理念


問26
情報システム戦略の立案に当たり、必ず考慮すべき事
項はどれか。

ア 開発期間の短縮方法を検討する。
イ 経営戦略との整合性を図る。
ウ コストの削減方法を検討する。
エ 最新技術の導入を計画する。

問27
不適切な行為a~dのうち、不正アクセス禁止法にお
いて規制される行為だけを全て挙げたものはどれか。

a Webサイトにアクセスしただけで直ちに有料会
  員として登録する仕組みを作り、利用者に料金を
  請求する。


b コンピュータのプログラムで様々な組合せのメー
  ルアドレスを生成し、それを宛先として商品の広
  告を発信する。


c 他人のクレジットカードから記録情報を読み取っ
  て偽造カードを作成し、不正に商品を購入する。


d 他人の利用者IDとパスワードを本人に無断で用
  いてインターネットショッピングのサイトにログ
  インし、その人の購買履歴を閲覧する。


ア a、b、c、d
イ a、c、d
ウ c、d
エ d



問28
著作権の説明と保護の対象に関して、次の記述中の
a、bに入れる字句の適切な組合せはどれか。

著作権は、( a )に関する著作者の権利であり、
( b )は保護の対象ではない。

      a            b
ア 新規の工芸品などに     コンピュータ
  ついて、そのデザイ     のプログラム
  ンの工業的利用

イ 新規の工芸品などに     コンピュータの
  ついて、そのデザイ     プログラム言語
  ンの工業的利用

ウ 文芸や学術、美術な     コンピュータ
  どの作品について、     のプログラム
  作品の利用

エ 文芸や学術、美術な     コンピュータの
  どの作品について、     プログラム言語
  作品の利用

 

 



(解答と解説)



問25
経営理念・・・企業の基本姿勢
経営ビジョン・・・企業の理想の姿。
経営戦略・・・それを実現するための戦略。
経営環境・・・経営を取り巻く周囲の状況。

となりますので、正解は「イ」です。


問26
情報システム戦略は経営戦略を実現するために立案さ
れます。なので、経営戦略とのミスマッチは避けなけ
ればなりません。よって、

イ 経営戦略との整合性を図る。

これが正解になります。

問27
不正アクセス禁止法では、
・IDパスワードの無断利用。
・ネットワークの妨害行為。
これらを禁止しています。ですので、4つともダメな
行為ですが。

d 他人の利用者IDとパスワードを本人に無断で用
  いてインターネットショッピングのサイトにログ
  インし、その人の購買履歴を閲覧する。

これだけが該当することになります。
なので、正解は「エ」になります。


問28
知的財産権は大きく分けて、工業的なものと著作権に
分けられます。著作権では様々な創造物に権利を認め
ていますが、アルゴリズムのような考え方や言語その
もの。時刻表などの数字の羅列には認められていませ
ん。

よって、正解は「エ」となります。

 

次回もよろしくお願いします!