あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ

本ブログから電子書籍でてます!よろしくお願いします!
  ※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。

まいにちあいぱす 平成29年秋 問24 研修 問25 経営 問26 情報システム戦略

明日は高校の卒業式ですか。あれから何年経ったんだ?
・・・考えるのはやめとこう。

f:id:koharuwest:20171225232100p:plain

 

まいにち、平成29年秋の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。今回も3問!

24問/100問、25問/100問
26問/100問です。


問24
営業担当者の情報リテラシを向上させるための研修内
容として、最も適切なものはどれか。


ア 業務で扱われる営業実績データの構造を分析して
  データベースの設計をする方法。

イ 情報システムに保存されている過去の営業実績デ
  ータを分析して業務に活用する方法。

ウ 販売システムの開発作業の進捗管理データを分析
  してプロジェクト管理標準を改善する方法。

エ 販売システムの満足度を調査してシステム改善の
  ロードマップを描く方法。

問25
次の事例が該当する、最も適切な用語はどれか。

「継続的成長を達成するために、売上が低迷している
事業領域Aから撤退し、その経営資源を事業領域Bを
強化するために投入する。」


ア 経営環境
イ 経営戦略
ウ 経営ビジョン
エ 経営理念


問26
情報システム戦略の立案に当たり、必ず考慮すべき事
項はどれか。

ア 開発期間の短縮方法を検討する。
イ 経営戦略との整合性を図る。
ウ コストの削減方法を検討する。
エ 最新技術の導入を計画する。

 

 



(解答と解説)



問24

情報リテラシとは情報活用能力のことをいいます。そ
れは単にパソコンができる!能力のことではなく、情
報を場面に応じて、適切に活用できることを指します。

ア 業務で扱われる営業実績データの構造を分析して
  データベースの設計をする方法。

凄いですけど、凄すぎて違います。


ウ 販売システムの開発作業の進捗管理データを分析

  してプロジェクト管理標準を改善する方法。

プロジェクトの管理標準?違いますねー。


エ 販売システムの満足度を調査してシステム改善の

  ロードマップを描く方法。

これも違います。


よって、正解は「イ」となります。


問25
経営理念・・・企業の基本姿勢
経営ビジョン・・・企業の理想の姿。
経営戦略・・・それを実現するための戦略。
経営環境・・・経営を取り巻く周囲の状況。

となりますので、正解は「イ」です。


問26
情報システム戦略は経営戦略を実現するために立案さ
れます。なので、経営戦略とのミスマッチは避けなけ
ればなりません。よって、

イ 経営戦略との整合性を図る。

これが正解になります。

次回もよろしくお願いします!