にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにち基本 平成30年秋問題解説 問77 問78 問79 問80

いつの間にか、平成30年秋の問題が終わりました!
春の問題もやりますので、お待ちくださいね!

f:id:koharuwest:20190501112156p:plain

基本情報の平成30年秋問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみ
る連載です。
 

問77
ある商品の前月繰越と受払いが表のとおりであるとき、
先入先出法によって算出した当月度の売上原価は何円
か。

f:id:koharuwest:20190602075554p:plain

ア 26,290
イ 26,450
ウ 27,250
エ 27,586

問78
コンピュータウイルスを作成する行為を処罰の対象と
する法律はどれか。

ア 刑法
イ 不正アクセス禁止法
ウ 不正競争防止法
エ プロパイダ責任制限法


問79
個人情報保護委員会"個人情報の保護に関する法律に
ついてのガイドライン(通則編)平成28年11月
(平成29年3月一部改正)"によれば、個人情報に
該当しないものはどれか。

ア 受付に設置した監視カメラに録画された、本人が
  判別できる映像データ
イ 個人番号の記載がない、社員に交付する源泉徴収票
ウ 指紋認証のための指紋データのバックアップデータ
エ 匿名加工情報に加工された利用者アンケート情報


問80
請負契約を締結していても、労働者派遣とみなされる
受託者の行為はどれか。

ア 休暇取得の承認を発注者側の指示に従って行う。
イ 業務の遂行に関する指導や評価を自ら実施する。
ウ 勤務に関する規律や職場秩序の保持を実施する。
エ 発注者の業務上の要請を受託者側の責任者が窓口
  となって受け付ける。

 

 

 

(解答と解説)


問77
先入先出法は簿記の世界ですが。
先に入ったものの単価から消化していく感じです。

    売上
15    14000(@200)
25      6000(@200)  6450(@215)    


こうなるので、正解はイになります。

問78
刑法が処罰を決め、他は規制だったり禁止を決める
って考えていいみたいです。正解はアです。


問79
個人情報とは生存する個人を特定できる情報です。
匿名加工情報は個人情報であっても、個人を特定でき
ないよう加工したデータのことをいいます。

正解はエです。


問80
請負は、他社の依頼で業務を遂行する形態です。
指揮命令は委託企業が全て行います。

発注者が口を挟んでしまうと、それは偽装請負とな
ります。イウエは問題なし。なので、正解はアです。