にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにちあいぱす 平成29年秋 問1 問2 問3 問4

まいにち、平成29年秋の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。

f:id:koharuwest:20170531215218p:plain

問1

表は、技術者A、B、Cがそれぞれ製品X、Y、Zを
製造する場合の1日の生産額を示している。
各技術者は1日に1製品しか担当できないとき、1日
の最大生産額は何万円か。ここで、どの製品も必ず生
産するものとする。

     技術者   (単位 万円/日)
    A B C
製品X 6 6 5
  Y 7 6 8
  Z 8 7 8


ア 20
イ 21
ウ 22
エ 23

問2
e-ビジネスの事例のうち、ロングテールの考え方に
基づく販売形態はどれか。

ア インターネットの競売サイトに商品を長期間出品
  し、一番高値で落札した人に販売する。


イ 継続的に自社商品を購入してもらえるよう、実店
  舗で採寸した顧客のサイズの情報を基に、その顧
  客の体型に合う商品をインターネットで注文でき
  るようにする。


ウ 実店舗において長期にわたって売上が大きい商品
  だけを、インターネットで大量に販売する。


エ 販売見込み数がかなり少ない商品を幅広く取扱い、
  インターネットで販売する。

 

問3
企業の財務状況を明らかにするための貸借対照表の記
載形式として、適切なものはどれか。


ア  借方    貸方
  資産の部  負債の部
        純資産の部


イ  借方    貸方
  資本金の部 負債の部
        資産の部


ウ  借方    貸方
  純資産の部 負債の部
        資本金の部


エ  借方    貸方
  資産の部  負債の部
        利益の部

 

問4
電子商取引の商品と代金の受け渡しにおいて、売り手
と買い手の間に、信頼のおける第三者が介在すること
によって、取引の安全性を高めるサービスはどれか。


ア アフィリエイト
イ エスクロー
ウ 逆オークション
エ ソーシャルネットワーキングサービス

 

 

 

 

 (解答と考え方)


問1
パターンを列挙します。
AがX BがY CがZ
    BがZ CがY
AがY BがX CがZ
    BがZ CがX
AがZ BがX CがY
    BがY CがX


この6パターンなので全ての値を計算しましょう。


AがX BがY CがZ 20
    BがZ CがY 21
AがY BがX CがZ 21
    BがZ CがX 19
AがZ BがX CがY 22
    BがY CがX 19


よって、「22」答えは「ウ」になります。


こういう、全パターン挙げる問題は時間がかかるので、
本番では「飛ばす」のも戦略上有効ではないでしょう
か。

 

問2

ロングテール。
すなわち長い尻尾、長尾戦略ですが(嘘です)

この場合の尻尾は「商品点数」で、在庫の商品点数を
多く抱えることで、マイナーな要求にこたえ、顧客の
満足度を高める戦略をいいます。


「あそこにいけばなんでもあるから」っていうお店、
近くにありませんか?私の場合はアマゾンですかね。


というわけで、

ア オークションの話なような気が。
イ これ、最近やってましたよね。あの、スーツを
  オーダーするやつ。オムニチャネル
と言います。
ウ ABC分析ですね。
エ これが正解になります。


よって、こたえは「エ」となります。

覚えていれば解答できる問題で、易しかったかな?

 
問3

これも簿記の経験があれば容易な問題ですが、簿記に
触れたことがなければ難しいかもしれません。


借方には資産、貸方には負債と純資産(資本)がきま
す。


イ 左に資本金はきません。そもそも資本金は純資産
  の一部です。


ウ 左に純資産はきません。


エ これを正解としたいところですが、利益・・・だ
  けではないのです。やっぱり純資産が正しい。間
  違えるならこれかなあ。


よって、正解は「ア」になります。


簿記・会計関係の問題は1~2問出る感じなので、勉
強してしまうのも手ではありますが、「捨てる」のも
作戦の1つかもしれませんね。

 

問4
聞いたことがない説明には、聞いたことがない選択肢
が答えになる典型的な問題です。


たとえば、アは広告やら商品の販売の実績に応じて報
酬をいただくシステムですし。ウもよくわからないけ
ど、値下げしていくのが逆オークションですかね?


エはツイッターやらそういうのをいいますから、これ
ひょっとすると「イ」ではないかと。そういうふう
に考えてみてください。エスクローサービスについて
は設問のとおりです。

 



それでは、また明日!