にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

まいにちあいぱす 平成30年秋問題解説 問97 問98 問99 問100

くう〜!平成30年度秋、これにて完結です。
ITパスポートの醍醐味、分かってくれたかな?
(ファサ

f:id:koharuwest:20190328223942p:plain

あいぱすの平成30年秋の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。

問97
サブネットマスクの用法に関する説明として、適切な
ものはどれか。

ア IPアドレスのネットワークアドレス部とホスト
  アドレス部の境界を示すのに用いる。
イ LANで利用するプライベートIPアドレスとイ
  ンターネット上で利用するグローバルIPアドレ
  スとを相互に変換するのに用いる。
ウ 通信相手のIPアドレスからイーサネット上のM
  ACアドレスを取得するのに用いる。
エ ネットワーク内のコンピュータに対してIPアド
  レスなどのネットワーク情報を自動的に割り当て
  るのに用いる。


問98
コンピュータやネットワークに関するセキュリティ事
故の対応を行うことを目的とした組織を何と呼ぶか。

ア CSIRT
イ ISMS
ウ ISP
エ MVNO


問99
ISMSにおける情報セキュリティリスクアセスメン
トでは、リスクの特定、分析及び評価を行う。リスク
の評価で行うものだけを全て挙げたものはどれか。

aあらかじめ定めた基準によって、分析したリスクの
 優先順位付けを行う。
b保護すべき情報資産の取扱いにおいて存在するリス
 クを洗い出す。
cリスクが顕在化したときに、対応を実施するかどう
 かを判断するための基準を定める。

ア a
イ a、b
ウ b
エ c


問100
レコードの関連付けに関する説明のうち、関係データ
ベースとして適切なものはどれか。

ア 複数の表のレコードは、各表の先頭行から数えた
  同じ行位置で関連付けられる。
イ 複数の表のレコードは、対応するフィールドの値
  を介して関連付けられる。
ウ レコードとレコードは、親子関係を表すポインタ
  で関連付けられる。
エ レコードとレコードは、ハッシュ関数で関連付け
  られる。

 

 

 

(解答と解説)

問97
サブネットマスクはIPアドレスをネットとホストに
分けて有効活用しようというもの。正解はアです!


問98
これ、そのままなのですが。正解はアになります。

ア CSIRT

問99
評価は「基準と比べる」「優先順位づけ」なので、
aだけだと思います。ですね。

問100
正解はイなのですが。表にある1番と、別の表にある
1番という値同士で結びつけられます。