にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20240615101703

ITパスポートのありえない問題?

先日、ツイッタランドでバズってた「そうはならん
だろ」というITパスポートの問題についてです


北海道札幌市からお届けする。
にしの夫妻によるブログ、にしのクエスト2です。

引用する気もないです・・・

時速5kmで歩き出した弟を追いかけて、時速10kmで自
転車で弟の出発10分後に出発した兄。

「一緒に出れば良いだろ!」
「時速20kmは自転車出るから!」

そのレベルのツッコミでお話にならんです。
問題には意図というのがあってですね。


現場でどうのこうのは問題の意図ではない

ここでは単純に人日の計算についてやっているわけで。その
標準的な事例を挙げて解かせて、力を試すのが目的で。

現場の状況にあった、実際のあるあるの最適解を求めさせる
ものではありません。


1つのケーキを3人で分けるには?

3つ買ってくれば良いじゃん!

そういう話じゃないです。一つのケーキを三人で分ける計算
をやらせたいので、問題内容をとやかくいうのは全然違いま
す。

ITパスポートレベル低い、しょうもないな。

って思われるのは残念です。

あのそうはならんだろ・・・のほうがレベルが低くてしょう
もないです。

それに対する「そうそう・・・現場ではそうだよな・・・」み
たいな共感も的外れです。

何でもかんでも、文句言えば面白くなるっていう安易な発想が
嫌です。

ではでは。