にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにち高度 平成30年秋問題解説 問19 問20 問21

f:id:koharuwest:20200921225242p:plain

高度試験の平成30年秋午前1の問題(全30問)を
3問ずつ解いていきます。問題の解き方や考え方をわ
かりやすく、解説してみる連載です。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

 

問19
ソフトウェアの機能量に着目して開発規模を見積もる
ファンクションポイント法で、調整前FPを求めるため
に必要となる情報はどれか。

ア 開発者数
イ 画面数
ウ プログラムステップ数
エ 利用者数

問20
図は、ITIL 2011 editionのサービスライフサイクル
の各段階の説明と流れである。a~dの段階名の適切な
組合せはどれか。

f:id:koharuwest:20200922174746p:plain



問21
システム監査における、サンプリング(試査)に関する
用語の説明のうち、適切なものはどれか。

ア 許容逸脱率とは、受け入れることができる所定の
  内部統制からの逸脱率であり、監査人がサンプル
  の件数を決めるときに用いられる指標である。
イ サンプリングリスクとは、固有リスクと統制リス
  クを掛け合わせた結果である。
ウ 統計的サンプリングとは、特定の種類の例外取引
  を全て抽出する方法である。
エ 母集団とは、評価対象から結論を導き出すのに必
  要なデータ全体のうち、リスクが高いデータの集
  合である。

 


(正解でござんすよ)





(解説するぞなもし)


問19
ファンクション(機能)をポイント換算し、
開発の規模を見極める方法です。

問20
ストラテジ 戦略
トランジジョン 移行
オペレーション 運用
デザイン 設計

こう、読み替えるとよろしい

問21
ウ 統計的サンプリングとは母集団の中から・・・です
エ その必要はないですな