にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにち高度 令和元年秋午前1問題解説 問28 問29 問30

ラーストー!

f:id:koharuwest:20200324224322p:plain

情報処理技術者試験の高度区分 午前1 令和元年秋
午前1
問題(全30問)を解いていきます。

※高度区分の試験では午前1が共通の問題で行われま
す。(免除の方は受験しなくていいです)難易度は応
用情報レベルと言われていますが、油断すると落とす
くらい難しいですよ。

問題の解き
方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。

※問題の引用についてはIPAのルールを遵守しています。

問28
RPA(Robotic Process Automation)の説明はどれか。

ア ホワイトカラーの単純な間接作業を、ルールエン
  ジンや認知技術などを活用して代行するソフトウ
  ェア
イ 自動制御によって、対象物をつかみ、動かす機能
  や、自動的に移動できる機能を有し、また、各種
  の作業をプログラムによって実行できる産業用ロ
  ボット
ウ 車両の状態や周囲の環境を認識し、利用者が行き
  先を指定するだけで自律的な走行を可能とする
  レーダ、GPS、カメラなどの自動運転関連機器
エ 人の生活と同じ空間で安全性を確保しながら、食
  事、清掃、移動、コミュニケーションなどの生活
  支援に使用されるロボット


問29
損益分岐点分析でA社とB社を比較した記述のうち、
適切なものはどれか。

f:id:koharuwest:20200330230250p:plain
ア 安全余裕率はB社の方が高い。
イ 売上高が両社とも3,000万円である場合、営
  業利益はB社の方が高い。
ウ 限界利益率はB社の方が高い。
エ 損益分岐点売上高はB社の方が高い。


問30
プログラムの著作物について、著作権法上、適法であ
る行為はどれか。

ア 海賊版を複製したプログラムと事前に知りながら
  入手し、業務で使用した。
イ 業務処理用に購入したプログラムを複製し、社内
  教育用として各部門に配布した。
ウ 職務著作のプログラムを、作成した担当者が独断
  で複製し、他社に貸与した。
エ 処理速度を向上させるために、購入したプログラ
  ムを改変した。

 
(解答と解説)


問28
RPAとくれば、単純作業のお手伝い!


ア ホワイトカラーの単純な間接作業を、ルールエン
  ジンや認知技術などを活用して代行するソフトウ
  ェア

問29
消去法になってしまいますが、

ア 安全余裕率はB社の方が高い。

イ 売上高が両社とも3,000万円である場合、営
  業利益はB社の方が高い。
同じだからなあ・・・

ウ 限界利益率はB社の方が高い。
計算してみると、逆になります。

エ 損益分岐点売上高はB社の方が高い。
これもAがいいです


問30
プログラムの著作物について、著作権法上、適法であ
る行為はどれか。


エ 処理速度を向上させるために、購入したプログラ
  ムを改変した。