にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

まいにちあいぱす 平成30年春問題解説 問53 問54 問55 問56 

f:id:koharuwest:20170916231204p:plain

あいぱすの平成30年春の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。


問53
情報システムの施設や設備を維持・保全するファシ
リティマネジメントの施策として、適切なものはど
れか。

ア 自家発電装置の適切な発電可能時間を維持する
  ために、燃料の補充計画を見直す。

イ 自社のソフトウェアを一元管理するために、資
  産管理ソフトウェアを導入する。

ウ PCの不正利用を防止するために、スクリーン
  セーバの設定方法を標準化する。

エ 不正アクセス防止を強化するために、ファイア
  ウォールの設定内容を見直す。


問54
一般的なウォータフォールモデルで開発を行うプロ
ジェクトにおいて、プロジェクトの経過とともに必
要となる要員の数と、変更や間違いが発生したとき
に訂正作業に掛かる1件当たりのコストについて図
にしたもののうち、適切な組合せはどれか。

f:id:koharuwest:20181109222916p:plain

問55
1、800万円の予算でプログラムを60本作成す
るプロジェクトにおいて、開始後20日経った現在
の状況を確認したところ、60本中40本のプログ
ラムが完成し、1、500万円のコストが掛かって
いた。このままプロジェクトを進めた場合、予算に
対する超過コストは何万円か。ここで、プログラム
の規模及び生産性は全て同じであるとする。

ア 300
イ 450
ウ 600
エ 750


問56
PCのファンクションキーに関する記述として、適
切なものはどれか。

ア アプリケーションやOSごとに特定の機能を割
  り当てられたキー

イ 画面上にキーボードの形を表示し、入力処理を
  ソフトウェアで実現したもの

ウ セキュリティに関する機能で、暗号化や復号を
  行うための変換キー

エ データベースに関する機能で、特定の行を一意
  に識別するための情報

 

 

 

(解答と解説)

問53
ファシリティマネジメントは施設の管理をいいます。
ソフトウエアは無関係です。正解はまたアです。


問54
ウォータフォールモデルは工程を後戻りせず、プロ
ジェクトを進めていく方法です。なので、経過時間
がたてばたつほどコストはかかります。
ゆえに、正解はアです。

 

問55
40本で1500万円のコストであるとすると。
一本あたり、1500/40=37.5万円
このまま20本残りを制作すると750万円かかり、
合計で2250万円かかります。
差額が450万円なので、正解はイとなります。

問56
ファンクションとは機能のこと。なので、単純に答
えはでよろしいかと思います。


次回またよろしくです!