にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

あいぱす4.0 新しいことば(3)イノベーションのジレンマ など

 

ITパスポート4.0は、新しいシラバスに出てく
る新出用語にスポットをあてる連載。

新しい用語に、なまらドキドキ・ワクワクしてみな
いかい?

f:id:koharuwest:20181024225244p:plain


なお、このシラバスは来年の4月から順次採用予定。
現行の試験とは関係がありません(たぶん)ですの
で、そこんとこヨロシク。
 

イノベーションのジレンマ
新しい分野や市場、新技術は大企業にとっては自分
の利益を食いつぶす存在に感じてしまいます。その
ため、現在持つ市場や技術に固執し、新しい技術に
目を向けたり、新しい市場に参入するのに抵抗感が
生まれます。これをイノベーションのジレンマ、と
いい。すでに大企業が手を出した時点では、他社に
シェアを奪われ、遅れを取ってしまいます。

思い返せばゲーム機の市場もそうでしたし、これか
らはウエアラブルウオッチやVRメガネ、ロボット、
などでしょうか?


デザイン思考(デザインシンキング)
私達は問題解決の方法を、効率性や価格、早く処理
できるかで考えがちです。デザインの世界では、そ
れよりも「よりよい方法はなにか、より素敵になる
にはどうしたらいいか」を判断の基準にしていると
されます。これをビジネスモデルに対して適用する
お話がここでいう、デザイン思考でしょう。

リーンキャンバス・スタートアップ
9つの要素から事業プランを整理するフレームワー
クをリーンキャンパスといいます。1枚の紙面で自
分の事業の全体像を理解できる方法です。
リーンキャンパスではITやサービスといった見え
にくいもの、形になりにくいものの事業(スタート
アップ)のビジネスモデルをわかりやすく表示する
のに使われるそうです。

スタートアップとは非常に成長性の高いビジネスモ
デルのことです。ベンチャーと似てますが、ベンチ
ャーは成長が期待され、投資を受けている会社のこ
とを指します。「おれ、スタートアップに転職する
んだ」などと使います。

それじゃ、今日はこのへんで。へばなっ!