にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

あいぱす4.0 新しいことば(3) カニバリゼーション オープンイノベーション 死の谷

ITパスポート4.0は、新しいシラバスに出てく
る新出用語にスポットをあてる連載。

新しい用語に、なまらドキドキ・ワクワクしてみな
いかい?

f:id:koharuwest:20171001222844p:plain


なお、このシラバスは来年の4月から順次採用予定。
現行の試験とは関係がありません(たぶん)ですの
で、そこんとこヨロシク。

カニバリゼーション
カニバリズム(人肉食い・共食い)なんていう言葉
がホラー好きなら浮かんでくるところですが(え?
ない?)ちょっとだけ、似ています。

これはマーケティングの用語で、自分の会社の新商
品が自分の会社の既存の商品の売上まで奪ってしま
うことを言います。

たとえば、ガXガXくんというアイスがあって、ソ
ーダ味が売れていたとしましょう。
そこに新味のコーラを投入したところ、成功はした
のですがそのぶんソーダ味の売れ行きが鈍ってしま
った。あくまで、たとえ話ですがこのようなことを
いいます。

よって、新商品の導入にあたっては念入りなマーケ
ティングが必要になりますし、リーダー企業におい
てはこれが怖くて新商品を導入しにくいなんていう
ことが起こっているのです。


オープンイノベーション
自社内だけではなく、他社や他業種の人の技術を学
び、組み合わせることで新たな技術を得ようとする
こと。産学連携とか、技術提携とか古くからいわれ
ているもののいいかえです。

たとえば、ハッカソンのような異業種他業種の他社
においての勉強会も小さな意味ではオープンイノベ
ーションであるといえるでしょう。


死の谷(デスバレー)
資金不足や、法律的な問題、倫理的な問題、技術的
な障壁。もしくは研究の行き詰まりによって、プロ
ジェクトが膠着状態になり、進行不能になること。

デスマーチは過酷な労働状況のことを指します。似
てますけど、違います。

どっちかっていうと、お蔵入りっていうのに近いか
もしれませんねえ。


それじゃ、今日はこのへんで。へばなっ!