あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ

本ブログから電子書籍でてます!よろしくお願いします!
 
※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。

まいにちあいぱす 平成29年春 問45プロジェクト管理 問46システム監査 問47リスク対策

今週末はヨサコイソーランな札幌です。

混雑しすぎてお出かけできにゃい。

f:id:koharuwest:20180409222033p:plain

まいにち、あいぱすの平成29年春の問題を解いてい
きます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。

問45
プロジェクト管理の手法を適用するケースとして、
最も適切なものはどれか

ア コンピュータシステムの定常的なオペレーショ
  ンに適用する
イ システム開発業務を外部委託する場合に、料金
  設定の基準として適用する
ウ システム開発部の職制を構成する場合に、フレ
  ームワークとして適用する
エ チームを編成して、システムを構築するときに
  適用する


問46
システム監査に当たるものはどれか

ア 監査対象の情報システムの運用管理者が行う、
  日常点検
イ 監査対象の情報システムの運用担当者が行う、
  自己点検
ウ 監査対象の情報システムの利用者が行う、満足
  度評価
エ 内部監査の担当部署が行う、監査対象の情報シ
  ステムの評価


問47
あるシステム開発プロジェクトでは、システムを構
成する一部のプログラムが複雑で、そのプログラム
の作成には高度なスキルを保有する特定の要員を確
保する必要があった。そこで、そのプログラムの開
発の遅延に備えるために、リスク対策を検討するこ
とにしたリスク対策を、回避、軽減、受容、転嫁に
分類するとき、軽減に該当するものはどれか

ア 高度なスキルを保有する要員が確保できない可
  能性は低いと考え、特別な対策は採らない
イ スキルはやや不足しているが、複雑なプログラ
  ムの開発が可能な代替要員を参画させ、大きな
  遅延にならないようにする
ウ 複雑なプログラムの開発を外部委託し、期日ま
  でに成果物を納品する契約を締結する
エ 複雑なプログラムの代わりに、簡易なプログラ
  ムを組み合わせるように変更し、高度なスキル
  を保有していない要員でも開発できるようにす
  る

 

 


(解答と解説)


問45
プロジェクト管理とは決められた期間内で決められ
た成果を出すための手法ですよね。

ア 定常的なオペレーション
イ 料金設定の基準
ウ フレームワークとして適用する
エ チームを編成して、システムを構築

こうしてみると、正解は「エ」でいいと思います。


問46
選択肢を短くする法をよく使います。

ア 日常点検
イ 自己点検
ウ 満足度評価
エ 監査対象の情報システムの評価

明らかに正解は「エ」ですね。

問47
リスクマネジメントをまとめます。

回避 リスクがなるべくおこならい工夫をする
軽減 リスクの被害を最小限にする
受容 なにもしない
転嫁 保険をかけたりする


ア 高度なスキルを保有する要員が確保できない可
  能性は低いと考え、特別な対策は採らない
リスクの受容です
イ スキルはやや不足しているが、複雑なプログラ
  ムの開発が可能な代替要員を参画させ、大きな
  遅延にならないようにする
リスクの軽減です。
ウ 複雑なプログラムの開発を外部委託し、期日ま
  でに成果物を納品する契約を締結する
リスクの転嫁です。
エ 複雑なプログラムの代わりに、簡易なプログラ
  ムを組み合わせるように変更し、高度なスキル
  を保有していない要員でも開発できるようにす
  る
リスクの回避です。

よって、正解は「イ」になります。


次回もよろしくお願いします!