にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

まいにちあいぱす 平成31年春問題解説 問21 問22 問23 問24

将棋の話題があいぱすに出てくるとは。

f:id:koharuwest:20190616094234p:plain


ITパスポート試験の平成31年春問題を解いてい
きます。問題の解き方や考え方をわかりやすく、解
説してみる連載です。


毎日、一緒に少しずつやってみませんか?

 

問21
コーポレートブランドを高める目的として、最も適
切なものはどれか。

ア 企業が有する独自のスキルや技術に基づいて、
  競合他社では提供が不可能な価値を顧客にもた
  らすことである。
イ 企業名などから製品やサービスの品質イメージ
  を連想させることで競争優位性をもたらすこと
  である。
ウ 経営者や企業が社会に対して、企業の普遍的な
  価値観、企業活動の基本的な考え方を公表して、
  ステークホルダの共感を得ることである。
エ 流通業者の主導権のもとで製造業者などと連携
  して開発し、生産される独自ブランドの商品を
  低価格で販売することである。


問22
バリューチェーン分析では、企業の活動を、企業の
価値に直結する主活動と、主活動全体を支援して全
社的な機能を果たす支援活動に分けて分析する。コ
ンピュータ関連機器の製造と販売を行うA社は、部
材の購買、機器の設計と製造、商品の出荷、販売と
マーケティング、アフターサービスの五つの領域を
主活動に、その他の活動領域を支援活動に分類した。
企業活動で利用する情報システムのうち、主にA社
の支援活動に利用されるものはどれか。

ア CAD/CAM
  (Computer Aided Design/Computer Aided
  Manufacturing)
イ CRM(Customer Relationship Management)
ウ HRM(Human Resource Management)
エ SFA(Sales Force Automation)


問23
プロの棋士に勝利するまでに将棋ソフトウェアの能
力が向上した。この将棋ソフトウェアの能力向上の
中核となった技術として、最も適切なものはどれか。

ア VR
イ ER
ウ EC
エ AI


問24
刑法には、コンピュータや電磁的記録を対象とした
IT関連の行為を規制する条項がある。次の不適切
な行為のうち、不正指令電磁的記録に関する罪に抵
触する可能性があるものはどれか。


ア 会社がライセンス購入したソフトウェアパッケ
  ージを、無断で個人所有のPCにインストール
  した。
イ キャンペーンに応募した人の個人情報を、応募
  者に無断で他の目的に利用した。
ウ 正当な理由なく、他人のコンピュータの誤動作
  を引き起こすウイルスを収集し、自宅のPCに
  保管した。
エ 他人のコンピュータにネットワーク経由でアク
  セスするためのIDとパスワードを、本人に無
  断で第三者に教えた。

 

 

(解答と解説)

 

問21
コーポレートブランドとは、企業の信頼感です。
任天堂のゲームだったら、なんとなく面白そう・・・
そういうやつですよね。イが正解です。


問22

ア CAD/CAM  設計ですね。
イ CRM  顧客関係管理です。アフターサービス?
ウ HRM  人的資源管理 これが正解。
エ SFA  営業支援ですね。


問23
まさかの将棋ネタ。エが正解ですね。


問24
ア 著作権ですね。
イ 個人情報保護法ですね。
ウ これが正解です。
エ 不正アクセス禁止法です。