にしのくえすと

情報処理技術者試験のお勉強ブログ


にしのくえすととは?
・「情報処理技術者試験大好き」「ICT資格取りたい」な人のためのブログです。
・あいぱす、セキュマネ、基本、応用、セキュスペ(安全確保支援士)、ネスペあたりの話題が中心です。
・申し述べる見解はあくまで私人としてのもので、勤務先とは一切関係ございません。
・資格試験に関する記事は、自己責任でご利用ください。


・作者のプロフィールはこちら
・にしの作「資格本」電子書籍についてはこちら
・作者の日記系ブログ(不定期)「みがまえるよりはやく」

・にしのくえすとプライバシーポリシー

IPのキホン

IPとは
パケット通信」であり
 パケットをMTU(最大送信単位)サイズに分割して送信する。
 (これをフラグメントといいます)

「ベストエフォート型」であり
 通信が成功するように努力はするが、最終的な到達を保障しない。

コネクションレス通信」であり
 伝送路をあらかじめ確保しない。

「経路制御を行う(スタティック・ダイナミックルーティング)」
 パケットはIPヘッダをつけてデータリンク層へ放出!

こういった特徴があります。
覚えておいてほしい用語としては。


IPマルチキャスト
 IGMPプロトコルを使用 1対nの通信を行う

ブロードキャストアドレス
 ホストアドレスが0もしくは1のアドレス
 そこに所属する全員と通信します。

マルチホーミング
 到達するまでに複数の経路を確保すること

プライベートIPアドレス
 LAN内のみで使うアドレス

ループバックアドレス
 127.0.0.1
 自分自身を表すIPアドレス

 

IPアドレス枯渇問題への対処

(1)プライベートIPを使うこと
(2)NAT
   プライベートアドレスをグローバルに書き換える
  →たくさんの接続の場合は結局アドレスがたくさんいる
(3)IPマスカレード
   ポート番号を利用してIPアドレスを共同利用する
(4)CIDR(サイダー)
   クラスの垣根を超えて区分すること

IPv6
 ユニキャストアドレスの採用
  MACアドレスが最初から入っている素敵なアドレス
 ローカルアドレス
  プライベートIPも
 無指定アドレス
  ::
 ループバックアドレス
  ::1
 IPv4のバインド
  IPv4のアドレスをカプセル化
 エニーキャストアドレス
  アドレスを二つ以上に割り当てたアドレス
  複数の機器を割り当てる場合
 マルチキャスト
  ff00::/8
 リンクローカルユニキャスト
  fe80::/10
 マルチキャストアドレス(FFが先頭になるアドレス)
  ノードをグループ化するために使用する
  フラグ 公的機関0000か一時的なものか0001
  スコープ マルチキャストする範囲を指定する

プレフィックス
  この長さでホストとネットワークの区切りを行う

情報処理技術者試験お勉強ブログ「にしのくえすと」 Presented by にしのA&F