にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにち高度 平成30年秋問題解説 問7 問8 問9

計算問題は実際に手を動かしてやってみましょお。

f:id:koharuwest:20200913235433p:plain



高度試験の平成30年秋午前1の問題(全30問)を
3問ずつ解いていきます。問題の解き方や考え方をわ
かりやすく、解説してみる連載です。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

 問7
1桁の2進数A、Bを加算し、Xに桁上がり、Yに桁上げな
しの和(和の1桁目)が得られる論理回路はどれか。

f:id:koharuwest:20200916233317p:plain



問8
バーチャルリアリティにおけるモデリングに関する記
述のうち、レンダリングの説明はどれか。

ア ウェアラブルカメラ、慣性センサなどを用いて非
  言語情報を認識する処理
イ 仮想世界の情報をディスプレイに描画可能な形式の画
  像に変換する処理
ウ 視覚的に現実世界と仮想世界を融合させるために、そ
  れぞれの世界の中に定義された3次元座標を一致させ
  る処理
エ 時間経過とともに生じる物の移動などの変化について、
  モデル化したものを物理法則などに当てはめて変化さ
  せる処理


問9
自然数を除数とした剰余を返すハッシュ関数がある。
値がそれぞれ571、1168、1566である三つのレコード
のキー値を入力値としてこのハッシュ関数を施したと
ころ、全てのハッシュ値が衝突した。このとき使用し
た除数は幾つか。

ア 193
イ 197
ウ 199
エ 211

 


(正解でござんすよ)





(解説するぞなもし)


問7
桁上がりなので、両方とも1を入れてくだしゃい。

問8
レンダリングは描画のことを言いましゅ。

問9
全部193で割ってみて、あまりが同じなものが
正解でございます。