にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20201108175215

まいにち高度 平成30年春問題解説 問10 問11 問12

f:id:koharuwest:20200802102112p:plain


高度試験の平成30年春午前1の問題(全30問)を
3問ずつ解いていきます。問題の解き方や考え方をわ
かりやすく、解説してみる連載です。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

問10
ETSI(欧州電気通信標準化機構)によって提案された
NFV(Network Functions Virtualisation)に関する
記述として、適切なものはどれか。

ア インターネット上で地理情報システムと拡張現実
  の技術を利用することによって、現実空間と仮想
  空間をスムーズに融合させた様々なサービスを提
  供する。
イ 仮想化技術を利用し、ネットワーク機能を汎用サ
  ーバ上にソフトウェアとして実現したコンポーネ
  ントを用いることによって、柔軟なネットワーク
  基盤を構築する。
ウ 様々な入力情報に対する処理結果をニューラルネ
  ットワークに学習させることによって、画像認識
  や音声認識、自然言語処理などの問題に対する解
  を見いだす。
エ プレースとトランジションと呼ばれる2種類のノ
  ードをもつ有向グラフであり、システムの並列性
  や競合性の分析などに利用される。


問11
伝送速度30Mビット/秒の回線を使ってデータを連
続送信したとき、平均して100秒に1回の1ビット
誤りが発生した。この回線のビット誤り率は幾らか。

f:id:koharuwest:20201018175852p:plain


問12
クロスサイトスクリプティングの手口はどれか。

ア Webアプリケーションのフォームの入力フィール
  ドに、悪意のあるJavaScriptコードを含んだデー
  タを入力する。
イ インターネットなどのネットワークを通じてサー
  バに不正にアクセスしたり、データの改ざんや破
  壊を行ったりする。
ウ 大量のデータをWebアプリケーションに送ること
  によって、用意されたバッファ領域をあふれさせ
  る。
エ パス名を推定することによって、本来は認証され
  た後にしかアクセスが許可されていないページに
  直接ジャンプする。

 


(正解でござんすよ)





(解説するぞなもし)


問7
バーチャルていう英語が見えます。
仮想化に関することだな・・・と当たりをつけましょう。

問8
3G Bの通信の中で、1ビットの誤り率です。
一番近いものを選びます。

問9
XSSのことです。ウはバッファオーバフロー
エはトラバーサルですね。