にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにち高度 平成30年秋問題解説 問10 問11 問12

天才とは、何もない日常に努力を積み重ねられる人

f:id:koharuwest:20200913235433p:plain



高度試験の平成30年秋午前1の問題(全30問)を
3問ずつ解いていきます。問題の解き方や考え方をわ
かりやすく、解説してみる連載です。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

問10
データベースシステムにおいて、二つのプログラムが
同一データへのアクセス要求を行うとき、後続プログ
ラムのアクセス要求に対する並行実行の可否の組合せ
のうち、適切なものはどれか。ここで、表中の○は二
つのプログラムが並行して実行されることを表し、×
は先行プログラムの実行終了まで後続プログラムは待
たされることを表す。

f:id:koharuwest:20200921183546p:plain



問11
CSMA/CD方式のLANで使用されるスイッチングハブ(レ
イヤ2スイッチ)は、フレームの蓄積機能、速度変換機
能や交換機能を持っている。このようなスイッチング
ハブと同等の機能をもち、同じプロトコル階層で動作
する装置はどれか。

ア ゲートウェイ
イ ブリッジ
ウ リピータ
エ ルータ


問12
インターネットに接続された利用者のPCから、DMZ上
の公開Webサイトにアクセスし、利用者の個人情報を入
力すると、その個人情報が内部ネットワークのデータベー
ス(DB)サーバに蓄積されるシステムがある。このシス
テムにおいて、利用者個人のディジタル証明書を用いたT
LS通信を行うことによって期待できるセキュリティ上の
効果はどれか。

ア PCとDBサーバ間の通信データを暗号化するととも
  に、正当なDBサーバであるかを検証することができ
  るようになる。
イ PCとDBサーバ間の通信データを暗号化するととも
  に、利用者を認証することができるようになる。
ウ PCとWebサーバ間の通信データを暗号化するとと
  もに、正当なDBサーバであるかを検証することがで
  きるようになる。
エ PCとWebサーバ間の通信データを暗号化するとと
  もに、利用者を認証することができるようになる。

 


(正解でござんすよ)





(解説するぞなもし)


問10
排他とは「誰も入れちゃダメ!」なのです。

問11
スイッチングハブはレイヤ2。データリンク層です。
MACアドレスを元に通信するやつ。

問12
あくまでも、暗号化されるのはDMZと利用者間。
証明書が利用者のものであるならば、正当性が証明
されるのは利用者だけです。