にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20210620102927

まいにちネスペ 令和4年度春午前2問題解説 問23 問24

情報処理技術者試験 ネットワークスペシャリストの
令和4年度春問題、午前2を隔日2問ずつ解いていき
ます。

問題の解き方や考え方を理解し、暗記していきましょ
う。なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。


 

問23
ある2局間の通信回線のアベイラビリティ(稼働率)は0.9であった。
通信回線部分の二重化を行ったところ、アベイラビリティが0.999
となった。このとき、新たに設置した通信回線のアベイラビリティは
幾らか。

ア 0.990
イ 0.993
ウ 0.996
エ 0.999


問24
システムに規定外の無効なデータが入力されたとき、誤入力であること
を伝えるメツセージを表示して正しい入力を促すことによって、システ
ムを異常終了させない設計は何というか。

ア フールプルーフ
イ フェールセーフ
ウ フェールソフト
エ フオールトトレランス


(正解)

アア

(本日のクリティカルフレーズ)
・問題に潜む、解答を導くフレーズを赤字で示しています。
 こうきたら、こう返すフレーズですので、要暗記です。
・紫字は解説となっています

問23
ある2局間の通信回線のアベイラビリティ(稼働率)は0.9であった。
通信回線部分の二重化を行ったところ、アベイラビリティが0.999
となった。このとき、新たに設置した通信回線のアベイラビリティは
幾らか。

ア 0.990
イ 0.993
ウ 0.996
エ 0.999

新しく設置した回線をXとする

1ー(1−0.9)*(1ーX)=0.999
1ー0.1(1ーX)=0.999
1ー0.1+0.1X=0.999
0.1X=0.999−0.9
0.1X=0.099
X=0.99


問24
システムに規定外の無効なデータが入力されたとき、誤入力であること
を伝えるメッセージを表示して正しい入力を促すことによって、システ
ムを異常終了させない設計は何というか。

ア フールプルーフ
イ フェールセーフ
ウ フェールソフト
エ フオールトトレランス