にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20210620102927

pythonで学ぶ超初心者プログラミング (9)埋め込み型

プログラミング超初心者向けの連載です。

目標は高校生が「共通テスト」ないしは「基本情報処理技術者」
でPythonライクな疑似言語に困らないレベルにすることです。
少しずつ進みつつ、超簡単に説明していく所存でございます。

ぜひ、エディタ片手に実行しながらお読みくださいませ。

1.9  数値と文字列の併用2 埋め込み型

F ”文字列”の形にすると変数の値を埋め込んだ形で記載することが
できます。


1.9.1 先ほどまでのやり方

a=500

print("このパンは"+str(a)+"円です")


文字列型に直してから出力していますね。

1.9.2 埋め込み型

a=500

print(f"このパンは{a}円です")


はい、これが新しい形です。こうすると型変換を
しなくていいので、便利ですよね。

1.9.3 埋め込み型の計算

a=500

b=3

print(f"このパンは定価{a}円で{b}個なので{a*b}円です")

応用するとこのように、変数の中身を表示しつつ
計算することもできます。

続きます!