にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20210620102927

まいにち応用 令和3年度問題解説 問31 問32 問33

情報処理技術者試験 応用情報処理の令和3年度秋問
題を隔日3問ずつ解いていきます。

問題の解き方や考え方を理解し、暗記していきましょ
う。なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

f:id:koharuwest:20220222151427p:plain

問31
イーサネットで用いられるブロードキャストフレームによるデータ
伝送の説明として、適切なものはどれか。

ア 同一セグメント内の全てのノードに対して、送信元が一度の送
  信でデータを伝送する。
イ 同一セグメント内の全てのノードに対して、送信元が順番にデ
  ータを伝送する。
ウ 同一セグメント内の選択された複数のノードに対して、送信元
  が一度の送信でデータを伝送する。
エ 同一セグメント内の選択された複数のノードに対して、送信元
  が順番にデータを伝送する。


問32
TCP/IPネットワークにおけるARPの説明として、適切なものはどれ
か。

ア IPアドレスからMACアドレスを得るプロトコルである。
イ IPネットワークにおける誤り制御のためのプロトコルである。
ウ ゲートウェイ間のホップ数によって経路を制御するプロトコル
  である。
エ 端末に対して動的にIPアドレスを割り当てるためのプロトコル
  である。


問33
PCが、NAPT(IPマスカレード)機能を有効にしているルータを経由
してインターネットに接続されているとき、PCからインターネット
に送出されるパケットのTCPとIPのヘッダのうち、ルータを経由す
る際に書き換えられるものはどれか。

ア 宛先のIPアドレスと宛先のポート番号
イ 宛先のIPアドレスと送信元のIPアドレス
ウ 送信元のポート番号と宛先のポート番号
エ 送信元のポート番号と送信元のIPアドレス

 


(正解)

アアエ


(本日のクリティカルフレーズ)
・問題に潜む、解答を導くフレーズを赤字で示しています。
 こうきたら、こう返すフレーズですので、要暗記です。
・紫字は解説となっています

 

問31
イーサネットで用いられるブロードキャストフレームによるデータ
伝送の説明として、適切なものはどれか。

ア 同一セグメント内の全てのノードに対して、送信元が一度の送
  信でデータを伝送する。
イ 同一セグメント内の全てのノードに対して、送信元が順番にデ
  ータを伝送する。
ウ 同一セグメント内の選択された複数のノードに対して、送信元
  が一度の送信でデータを伝送する。
エ 同一セグメント内の選択された複数のノードに対して、送信元
  が順番にデータを伝送する。

ブロードキャストフレームは同一セグメントに一度に全ての端末に
データを送信します。


問32
TCP/IPネットワークにおけるARPの説明として、適切なものはどれ
か。

ア IPアドレスからMACアドレスを得るプロトコルである。
イ IPネットワークにおける誤り制御のためのプロトコルである。
ウ ゲートウェイ間のホップ数によって経路を制御するプロトコル
  である。
エ 端末に対して動的にIPアドレスを割り当てるためのプロトコル
  である。

ARPはIPアドレスからMACアドレスを割り出すためのプロトコルです。


問33
PCが、NAPT(IPマスカレード)機能を有効にしているルータを経由
してインターネットに接続されているとき、PCからインターネット
に送出されるパケットのTCPとIPのヘッダのうち、ルータを経由す
る際に書き換えられるものはどれか。

ア 宛先のIPアドレスと宛先のポート番号
イ 宛先のIPアドレスと送信元のIPアドレス
ウ 送信元のポート番号と宛先のポート番号
エ 送信元のポート番号と送信元のIPアドレス

ルータを経由すると、送信元がそのルータになります。