にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

.png

20210620102927

まいにちネスペ 令和3年度問題解説 問7 問8 問9

情報処理技術者試験 レベル4 ネットワークスペシャリスト
試験の令和3年度午後2問題(全25問)を隔日3問ずつ解い
ていきます。問題の解き方や考え方を理解し、暗記していきま
しょう。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

※この年度は、コロナの影響で試験は春にありました。

f:id:koharuwest:20210117081149p:plain

 

問7
IPv4ネットワークでTCPを使用するとき、フラグメント化さ
れることなく送信できるデータの最大長は何オクテットか。
ここでTCPパケットのフレーム構成は図のとおりであり、ネ
ットワークのMTUは1,500オクテットとする。また、(  )内
はフィールド長をオクテットで表したものである。

f:id:koharuwest:20211017180445p:plain
ア 1446
イ 1456
ウ 1460
エ 1480


問8
自律システム間の経路制御に用いられるプロトコルはどれか。

ア BGP-4
イ IS-IS
ウ OSPF
エ RIP-2


問9
DNSでのホスト名とIPアドレスの対応付けに関する記述のうち、
適切なものはどれか。

ア 一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させることはでき
  るが、複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させること
  はできない。
イ 一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させることも、複
  数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させることもできる。
ウ 複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させることはでき
  るが、一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させること
  はできない。
エ ホスト名とIPアドレスの対応は全て1対1である。

 


(正解)

ウアイ

(本日のクリティカルフレーズ)
・問題に潜む、解答を導くフレーズを赤字で示しています。
 こうきたら、こう返すフレーズですので、要暗記です。
・紫字は解説となっています

問7
IPv4ネットワークでTCPを使用するとき、フラグメント化さ
れることなく送信できるデータの最大長は何オクテットか。
ここでTCPパケットのフレーム構成は図のとおりであり、ネ
ットワークのMTUは1,500オクテットとする。また、(  )内
はフィールド長をオクテットで表したものである。

f:id:koharuwest:20211017180445p:plain
ア 1446
イ 1456
ウ 1460
エ 1480

TCPなので、IPヘッダとTCPヘッダとデータを含めて1500になる。


問8
自律システム間の経路制御に用いられるプロトコルはどれか。

ア BGP-4
イ IS-IS
ウ OSPF
エ RIP-2


問9
DNSでのホスト名とIPアドレスの対応付けに関する記述のうち、
適切なものはどれか。

ア 一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させることはでき
  るが、複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させること
  はできない。
イ 一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させることも、複
  数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させることもできる。
ウ 複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させることはでき
  るが、一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させること
  はできない。
エ ホスト名とIPアドレスの対応は全て1対1である。