にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

.png

20210620102927

まいにちネスペ 令和3年度問題解説 問4 問5 問6

情報処理技術者試験 レベル4 ネットワークスペシャリスト
試験の令和3年度午後2問題(全25問)を隔日3問ずつ解い
ていきます。問題の解き方や考え方を理解し、暗記していきま
しょう。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

※この年度は、コロナの影響で試験は春にありました。

f:id:koharuwest:20210117081149p:plain

 

問4
図のネットワークで、数字は二つの地点間で同時に使用でき
る論理回線の多重度を示している。X地点からY地点までには
同時に最大幾つの論理回線を使用することができるか。

f:id:koharuwest:20211017173714p:plain

ア 8
イ 9
ウ 10
エ 11


問5
CSMA/CAやCSMA/CDのLANの制御に共通しているCSMA方式
に関する記述として、適切なものはどれか。

ア キャリア信号を検出し、データの送信を制御する。
イ 送信権をもつメッセージ(トークン)を得た端末がデータを送
  信する。
ウ データ送信中に衝突が起こった場合は、直ちに再送を行う。
エ 伝送路が使用中でもデータの送信はできる。


問6
ネットワークのQoSを実現するために使用されるトラフィック制
御方式に関する説明のうち、適切なものはどれか。

ア 通信を開始する前にネットワークに対して帯域などのリソー
  スを要求し、確保の状況に応じて通信を制御することを、ア
  ドミッション制御という。
イ 入力されたトラフィックが規定された最大速度を超過しない
  か監視し、超過分のパケットを破棄するか優先度を下げる制
  御を、シェーピングという。
ウ パケットの送出間隔を調整することによって、規定された最
  大速度を超過しないようにトラフィックを平準化する制御を、
  ポリシングという。
エ フレームの種類や宛先に応じて優先度を変えて中継すること
  を、ベストエフォートという。

 


(正解)

ウアア

(本日のクリティカルフレーズ)
・問題に潜む、解答を導くフレーズを赤字で示しています。
 こうきたら、こう返すフレーズですので、要暗記です。
・紫字は解説となっています

問4
図のネットワークで、数字は二つの地点間で同時に使用でき
る論理回線の多重度を示している。X地点からY地点までには
同時に最大幾つの論理回線を使用することができるか。

f:id:koharuwest:20211017173714p:plain

ア 8
イ 9
ウ 10
エ 11

XからACまで11
ACからDGまで10
DGからYまで12
なので、最大で10です。


問5
CSMA/CAやCSMA/CDのLANの制御に共通しているCSMA方式
に関する記述として、適切なものはどれか。

ア キャリア信号を検出し、データの送信を制御する。
イ 送信権をもつメッセージ(トークン)を得た端末がデータを送
  信する。
ウ データ送信中に衝突が起こった場合は、直ちに再送を行う。
エ 伝送路が使用中でもデータの送信はできる。
衝突起こらないように、伝送路の状況を管理するのがCSMAです。


問6
ネットワークのQoSを実現するために使用されるトラフィック制
御方式に関する説明のうち、適切なものはどれか。

ア 通信を開始する前にネットワークに対して帯域などのリソー
  スを要求し、確保の状況に応じて通信を制御することを、ア
  ドミッション制御という。
イ 入力されたトラフィックが規定された最大速度を超過しない
  か監視し、超過分のパケットを破棄するか優先度を下げる制
  御を、シェーピングという。ポリシングです
ウ パケットの送出間隔を調整することによって、規定された最
  大速度を超過しないようにトラフィックを平準化する制御を、
  ポリシングという。シェーピングです
エ フレームの種類や宛先に応じて優先度を変えて中継すること
  を、ベストエフォートという。
  ベストエフォートですが。最善は尽くすが、要求されたもの
  は出てこない的なことです。