にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

.png

20210620102927

まいにちあいぱす 令和3年度問題解説 問43 問44 問45

 f:id:koharuwest:20210613180254p:plain

情報処理技術者試験 レベル1 ITパスポートの令和3年度
問題(全100問)を隔日3問ずつ解いていきます。問題の解
き方や考え方を理解し、暗記していきましょう。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

問43
A社で新規にシステムを開発するプロジェクトにおいて、システ
ムの開発をシステム要件定義、設計、プログラミング、結合テス
ト、総合テスト、運用テストの順に行う。A社は、外部ベンダの
B社と設計、プログラミング及び結合テストを委託範囲とする請
負契約を結んだ。A社が実施する受入れ検収はどの工程とどの工
程の間で実施するのが適切か。

ア システム要件定義と設計の間
イ プログラミングと結合テストの間
ウ 結合テストと総合テストの間
エ 総合テストと運用テストの問


問44
ITサービスマネジメントにおいて、サービスデスクが受け付け
た難度の高いインシデントを解決するために、サービスデスクの
担当者が専門技術をもつ二次サポートに解決を委ねることはどれ
か。

ア FAQ
イ SLA
ウ エスカレーション
エ ワークアラウンド


問45
ITILに関する記述として、適切なものはどれか。

ア ITサービスの提供とサポートに対して、ベストプラクティ
  スを提供している。
イ ITシステム開発とその取引の適正化に向けて、作業項目を
  一つ一つ定義し、標準化している。
ウ ソフトウェア開発組織の成熟度を多段階のレベルで定義して
  いる。
エ プロジェクトマネジメントの知識を体系化している。

 

 


(正解)



 

(本日のクリティカルフレーズ)
・問題に潜む、解答を導くフレーズを赤字で示しています。
 こうきたら、こう返すフレーズですので、要暗記です。
・紫字は解説となっています

問43
A社で新規にシステムを開発するプロジェクトにおいて、システ
ムの開発をシステム要件定義、設計、プログラミング、結合テス
ト、総合テスト、運用テストの順に行う。A社は、外部ベンダの
B社と設計、プログラミング及び結合テストを委託範囲とする請
負契約を結んだ。A社が実施する受入れ検収はどの工程とどの工
程の間で実施するのが適切か。

ア システム要件定義と設計の間
イ プログラミングと結合テストの間
ウ 結合テストと総合テストの間
エ 総合テストと運用テストの問


問44
ITサービスマネジメントにおいて、サービスデスクが受け付け
た難度の高いインシデントを解決するために、サービスデスクの
担当者が専門技術をもつ二次サポートに解決を委ねることはどれ
か。

ア FAQ
イ SLA
ウ エスカレーション
エ ワークアラウンド


問45
ITILに関する記述として、適切なものはどれか。

ア ITサービスの提供とサポートに対して、ベストプラクティ
  スを提供している。
イ ITシステム開発とその取引の適正化に向けて、作業項目を
  一つ一つ定義し、標準化している。
ウ ソフトウェア開発組織の成熟度を多段階のレベルで定義して
  いる。
エ プロジェクトマネジメントの知識を体系化している。