にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20201108175215

まいにち高度 平成30年春問題解説 問19 問20 問21

f:id:koharuwest:20201026225620p:plain


高度試験の平成30年春午前1の問題(全30問)を
3問ずつ解いていきます。問題の解き方や考え方をわ
かりやすく、解説してみる連載です。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

 

問19
JIS Q 20000-1(サービスマネジメントシステム要求
事項)は、サービスマネジメントシステム(以下、S
MSという)及びサービスのあらゆる場面でPDCA
方法論の適用を要求している。SMSの実行(Do)
の説明はどれか。

ア SMS及びサービスのパフォーマンスを継続的に
  改善するための処置を実施する。
イ SMSを確立し、文書化し、合意する。
ウ サービスの設計、移行、提供及び改善のためにS
  MSを導入し、運用する。
エ 方針、目的、計画及びサービスの要求事項につい
  て、SMS及びサービスを監視、測定及びレビュ
  ーし、それらの結果を報告する。


問20
JIS Q 20000-2:2013(サービスマネジメントシステム
の適用の手引)によれば、構成管理プロセスの活動と
して、適切なものはどれか。

ア 構成品目の総所有費用及び総減価償却費用の計算
イ 構成品目の特定、管理、記録、追跡、報告及び検
  証、並びにCMDBでのCI情報の管理
ウ 正しい場所及び時間での構成品目の配付
エ 変更管理方針で定義された構成品目に対する変更
  要求の管理


問21
企業において整備したシステム監査規程の最終的な承
認者として、最も適切な者は誰か。

ア 監査対象システムの利用部門の長
イ 経営者
ウ 情報システム部門の長
エ 被監査部門の長

 


(正解でござんすよ)






(解説するぞなもし)


問19
アが実施なので、引っかかりますよね・・・。

問20
構成管理なのですよ。

問21
そりゃそうだというお話ですが。