にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20201108175215

まいにち高度 平成30年春問題解説 問16 問17 問18

f:id:koharuwest:20201026225620p:plain


高度試験の平成30年春午前1の問題(全30問)を
3問ずつ解いていきます。問題の解き方や考え方をわ
かりやすく、解説してみる連載です。

なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

問16
ソフトウェアライフサイクルプロセスにおいてソフト
ウェア実装プロセスを構成するプロセスのうち、次の
タスクを実施するものはどれか。

〔タスク〕
・ソフトウェア品目の外部インタフェース、及びソフト
 ウェアコンポーネント間のインタフェースについて最
 上位レベルの設計を行う。
・データベースについて最上位レベルの設計を行う。
・ソフトウェア結合のために暫定的なテスト要求事項及
 びスケジュールを定義する。


ア ソフトウェア結合プロセス
イ ソフトウェア構築プロセス
ウ ソフトウェア詳細設計プロセス
エ ソフトウェア方式設計プロセス


問17
アジャイル開発などで導入されている”ペアプログラ
ミング”の説明はどれか。


ア 開発工程の初期段階に要求仕様を確認するために、
  プログラマと利用者がペアとなり、試作した画面
  や帳票を見て、相談しながらプログラムの開発を
  行う。
イ 効率よく開発するために、2人のプログラマがペ
  アとなり、メインプログラムとサブプログラムを
  分担して開発を行う。
ウ 短期間で開発するために、2人のプログラマがペ
  アとなり、交互に作業と休憩を繰り返しながら長
  時間にわたって連続でプログラムの開発を行う。
エ 品質の向上や知識の共有を図るために、2人のプ
  ログラマがペアとなり、その場で相談したりレビ
  ューしたりしながら、一つのプログラムの開発を
  行う。


問18
プロジェクトマネジメントにおけるスコープコントロ
ールの活動はどれか。

ア 開発ツールの新機能の教育が不十分と分かったの
  で、開発ツールの教育期間を2日間延長した。
イ 要件定義完了時に再見積りをしたところ、当初見
  積もった開発コストを超過することが判明したの
  で、追加予算を確保した。
ウ 連携する計画であった外部システムのリリースが
  延期になったので、この外部システムとの連携に
  関わる作業は別プロジェクトで実施することにし
  た。
エ 割り当てたテスト担当者が期待した成果を出せな
  かったので、経験豊富なテスト担当者と交代した。

 

 


(正解でござんすよ)




(解説するぞなもし)


問16
具体的な作業に入る前に、そのやり方の方針を
決める作業をしています。

問17
ふたりのプログラマがペアになって、二人で共
同作業します。

問18
スコープコントロールは作業範囲を確認し、無
理そうならどうするかを考えるマネジメント。