にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

日々是ネットワーク #1 IPアドレスで個人が特定されない理由

IPアドレスはインターネットの住所みたいなもので、インター
ネットにつながっているPCは全部IPアドレスがないとダメだ
って習った。つまりIPアドレスが流出すると誰がどのような行
動をしたか、ログを辿ればわかるんじゃないの?

つまり、さXしーは5chに書き込んでるんじゃないの?

基本的なことは間違ってません

その通りです。IPアドレスがなければ、インターネットへの接
続はできません(正確にいえば、通信はできません)なので、I
Pアドレスのログを取れば、その人の行動が特定できますし。

某掲示板に書き込んだかどうかなんて、特定できそうなものです。

しかし、IPv4という現行のインターネットの世界ではそうとは限
りません。

IPアドレスは共用されています

インターネットで使用するIPアドレスは「グローバルIP」と
いって特別なものなのですが、実は現在この数が足りておらず。

グローバルIPアドレスは組織に1つしか割り当たりません。
(とは限らないけどそういうことにしてね)

なので、一つの組織で一つのグローバルIPをみんなで代わりば
んこに使う事になります。ほぼ、全ての企業や団体がそのように
しているのでおそらく、今回の件もそうでしょう。

(グローバルIPを持っている個人、もあり得るのでそういう場
 合はこの考え方は通用しませんけどね)

もっと知りたい人は、NATとかNAPTとかで調べてください。

共用なので

当然、グローバルIPアドレスだけでは本人の書き込みかどうか
は判断できません。この組織からのアクセス!程度の断定しかで
きません。

ところが、新しい仕組みであるIPv6の世界になると・・・

特定できます!

v6は不足しているアドレス問題を一気に解決します、IPアドレ
スが無限大に近くなるので、NATやらNAPTやら、そういう仕組み
からインターネットを開放してくれるわけです。

IPアドレスがほぼ無限大の世界では、全ての機器にグローバルI
Pみたいなアドレスが割りあたるとお考えください。


と、いうことは本人の特定は可能になります。

そうか、今回流出したIPアドレスがv6のものであるならば。
掲示板と一致していれば、確実に本人のものであるといえるわけ
で、誤魔化しも効かなくなりますが。そうではないところを見る
と、v6の世界になっていなくてよかったですよね。

f:id:koharuwest:20200724151322p:plain