にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20201108175215

まいにち基本 平成30年春問題解説 問64 問65 問66

ちょっとだけを繰り返すと、大きな積み重ねになります

f:id:koharuwest:20200810074157p:plain



基本1情報処理技術者試験の平成30年春 午前の問題
(全80問)を3問ずつ解いていきます。問題の解き
方や考え方をわかりやすく、解説してみる連載です。
なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

 

問64
UMLをビジネスモデリングに用いる場合、ビジネス
プロセスの実行順序や条件による分岐などのワークフ
ローを表すことができる図はどれか。

ア アクティビティ図
イ オブジェクト図
ウ クラス図
エ コンポーネント図

問65
国や地方公共団体などが、環境への配慮を積極的に行
っていると評価されている製品・サービスを選んでい
る。この取組みを何というか。

ア CSR
イ エコマーク認定
ウ 環境アセスメント
エ グリーン購入


問66
企業経営におけるニッチ戦略はどれか。

ア キャッシュフローの重視
イ 市場の特定化
ウ 垂直統合
エ リードタイムの短縮


(正解でござんすよ)





(解説するぞなもし)


64
実行順序やワークフローなのでえええ。

65
製品を選んでいるので、購入しているんですな。

66
ニッチとは特定の狭い市場に乗り込むことです。
ちょんまげ専門店とか。