にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにち基本 平成30年春問題解説 問55 問56 問57

9月といえばセプテンバー!

f:id:koharuwest:20200810074157p:plain



基本1情報処理技術者試験の平成30年春 午前の問題
(全80問)を3問ずつ解いていきます。問題の解き
方や考え方をわかりやすく、解説してみる連載です。
なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

問55
ITサービスマネジメントにおける問題管理で実施す
る活動のうち、事前予防的な活動はどれか。

ア インシデントの発生傾向を分析して、将来のイン
  シデントを予防する方策を提案する。
イ 検出して記録した問題を分類して、対応の優先度
  を設定する。
ウ 重大な問題に対する解決策の有効性を評価する。
エ 問題解決後の一定期間、インシデントの再発の有
  無を監視する。

問56
サービスデスク組織の構造とその特徴のうち、ローカ
ルサービスデスクのものはどれか。

ア サービスデスクを1拠点又は少数の場所に集中す
  ることによって、サービス要員を効率的に配置し
  たり、大量のコールに対応したりすることができ
  る。
イ サービスデスクを利用者の近くに配置することに
  よって、言語や文化の異なる利用者への対応、専
  用要員によるVIP対応などができる。
ウ サービス要員が複数の地域や部門に分散していて
  も、通信技術を利用によって単一のサービスデス
  クであるかのようにサービスが提供できる。
エ 分散拠点のサービス要員を含めた全員を中央で統
  括して管理することによって、統制の取れたサー
  ビスが提供できる。

問57
サーバに接続されたディスクのデータのバックアップ
に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 一定の期間を過ぎて利用頻度が低くなったデータ
  は、現在のディスクから消去するとともに、バッ
  クアップしておいたデータも消去する。
イ システムの本稼働開始日に全てのデータをバック
  アップし、それ以降は作業時間を短縮するために、
  更新頻度が高いデータだけをバックアップする。
ウ 重要データは、バックアップの媒体を取り違えな
  いように、同一の媒体に上書きでバックアップす
  る。
エ 複数のファイルに分散して格納されているデータ
  は、それぞれのファイルへの一連の更新処理が終
  了した時点でバックアップする。

 

 


(正解でござんすよ)




(解説するぞなもし)


55
事前予防って書いているので、そのまんまどす!

56
ローカル=地元とか地域とか。そんななので、
ローカライズとかいう言葉もありますよね。

57
バックアップを上書きしたりしてはダメだし。
保管期間の終わっていないものの消去もダメでしゅ!