にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにち基本 平成30年春問題解説 問4 問5 問6

男の子の改良版ですが、どうですかね?

f:id:koharuwest:20200720230416p:plain

基本1情報処理技術者試験の平成30年春 午前の問題
(全80問)を3問ずつ解いていきます。問題の解き
方や考え方をわかりやすく、解説してみる連載です。
なお、問題の引用ルールはIPAに準じています。

 

問4
入力記号、出力記号の集合が{0、1}であり、状態
遷移図で示されるオートマトンがある。001100
1110 を入力記号とした場合の出力記号はどれか。
ここで、S1は初期状態を表し、グラフの辺のラベル
は、入力/出力を表している。

f:id:koharuwest:20200724074345p:plain

 

ア 0001000110
イ 0001001110
ウ 0010001000
エ 0011111110


問5
次の二つのスタック操作を定義する。

PUSH n:スタックにデータ(整数値n)をプ
       ッシュする。
POP   :スタックからデータをポップする。

空のスタックに対して、次の順序でスタック操作を行
った結果はどれか。


PUSH 1 → PUSH 5 → POP → PUSH 7 → PUSH 6 →
PUSH 4 → POP → POP → PUSH 3

f:id:koharuwest:20200724074414p:plain



問6
リストを二つの1次元配列で実現する。配列要素box
[i]とnext[i]の対がリストの一つの要素に対応し、bo
x[i]に要素の値が入リ、next[i]に次の要素の番号
が入る。配列が図の状態の場合、リストの3番目と4
番目との間に値がHである要素を挿入したときのnext
[8]の値はどれか。ここで、next[0]がリストの先頭
(1番目)の要素を指し、next[i]の値が0である要
素はリストの最後を示し、next[i]の値が空白である
要素はリストに連結されていない。

f:id:koharuwest:20200724074441p:plain
ア 3
イ 5
ウ 7
エ 8


(正解でござんすよ)





(解説するぞなもし)


1だと次の状態へ。0だと元の場所に戻るので、
順番をたどって、値を拾っていくとアになります。


PUSH 1  1
PUSH 5  15
POP      1
PUSH 7     17
PUSH 6  176 
PUSH 4  1764
POP    176
POP    17
PUSH 3  173
となります。


f:id:koharuwest:20200724074441p:plain
ポインタでつなげる構造がリスト構造です。

 AEC G B
153720

こんなリストになると思います(4689は使わない)
で、これにHを突っ込むのですが。

 AEC G B
1538720

こんな風にしてあげないと、リストが繋がりません。