にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

20201108175215

Unityで学ぶプログラミング TIPS (19)foreachって便利だお

今回も、超ミニミニTIPSです。

意外と知らないforeach文についてやってみましょう。

foreachでは「配列やオブジェクトをひとまとめに」扱うこ
とができます。

例えばこんな感じです。

作成例と解説

// オブジェクトを突っ込む配列の生成
GameObject[] mochi = new GameObject[3];

// オブジェクトを発見して突っ込んどく
mochi[0]=GameObject.Find("maru");
mochi[1]=GameObject.Find("sankaku");
mochi[2]=GameObject.Find("shikaku");

// dangoにmochiの中身を全部移して
foreach (GameObject dango in mochi)
{
//名前を全部表示する
Debug.Log(i.name);
}


何がいいのか全然分からない人もいるかと思います。
これ、同じことをやろうと思うと。

for(int i;i<mochi.Length;i++){

//名前を表示する
Debug.Log(i.name);

}

こんなループと同じことなのですが、ループの回数を指定
しなくていい(つまり、要素がある分だけ実行してくれる)
ぶんちょっと楽だったりします。

今日も小ネタですいません。

それではよきプログラミングライフを!
またね。