にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにちネスぺ 平成29年秋午前2問題解説 問1 問2 問3

秋の試験再開を目指して、頑張っていきましょお。

f:id:koharuwest:20200628104401p:plain
ネットワークスペシャリストの平成29年秋 午前2
問題(全25問)を3問ずつ解いていきます。問題の
解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる連載で
す。問題の引用ルールはIPAに準じています。

問1
ZigBeeの特徴はどれか。

ア  2.4GHz帯を使用する無線通信方式であり、一つの
  マスタと最大七つのスレーブからなるスター型ネッ
  トワークを構成する。
イ  5.8GHz帯を使用する近距離の無線通信方式であり、
  有料道路の料金所のETCなどで利用されている。
ウ  下位層にIEEE 802.15.4を使用する低消費電力の無
  線通信方式であり、センサネットワークやスマート
  メータへの応用が進められている。
エ  広い周波数帯にデータを拡散することで高速な伝送
  を行う無線通信方式であり、近距離での映像や音楽
  配信に利用されている。


問2
180台の電話機のトラフィックを調べたところ、電話
機1台当たりの呼の発生頻度(発着呼の合計)は3分に
1回、平均回線保留時間は80秒であった。このときの
呼量は何アーランか。

ア   4
イ  12
ウ  45
エ  80


問3
二つのルーテイングプロトコルRIP-2とOSPFを比較した
とき、OSPFだけに当てはまる特徴はどれか。

ア  可変長サブネットマスクに対応している。
イ  リンク状態のデータベースを使用している。
ウ  ルーティング情報の更新にマルチキャストを使用
  している。
エ  ルーティング情報の更新を30秒ごとに行う。

 

(解答と解説)


Zig Bee(ジグザグに飛ぶミツバチ?)は30cmの距
離しか伝送できないものの、低電力で低コストのセン
サネットワークの規格です。




アーランはトラフィックの量を表します。公式は、
簡単にしちゃうと

呼出回数*対応分数/時


になるので、1時間当たりの呼び出しが20回の180台


(20*1.3)*180/60=78


なのでおおよそ



RIPはルータ同士の距離や方向を連絡しあう
OSPFはルータ同士の地図を作っておく方法。


ア どちらも対応してます
イ 正解
ウ 両方やってます
エ RIPのみです OSPFは状況に変化があった時だけ。