にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

セキュマネ!令和元年秋午後問題解説(19)設問1(2)設問2 設問3

問題を解いています!最後の問3を読んでいきます!

f:id:koharuwest:20200609222326p:plain

情報処理技術者試験 セキュリティマネジメント令和元年
春午後問題
を解いていきます。

問題の解き
方や考え方をわかりやすく、解説しながら基準
点46点の謎に迫る連載です(笑

1日2ページくらい問題を読んでいきたいと思います。

問3 設問1(2)

f:id:koharuwest:20200609222643p:plain

(読みにくい場合は、画像をクリックして拡大してね)

問3 設問1(2)
暗号化キーが入っているPCしかX情報を復号できない・・・
ことの効果について聞いています。

もちろんそれは、
1 脆弱性が修正される訳でも
4 変更のリスクを低減する訳でも
56 マルウエアの検知でもないので

エが正解になりますね。

問3 設問2 設問3 

f:id:koharuwest:20200609222726p:plain

(読みにくい場合は、画像をクリックして拡大してね)

問3 設問2
案1に比べて操作記録を主任(管理職)がチェックできるのがありがたい。
これはX情報にアクセスできるシステム管理部の不正持ち出しリスクを回
避できます。エ。

設問3 (1)
Yシステムを利用できて、ノートパソコンを持っている人が決められたエ
リア外からアクセスすることができるんですね。

なので、エでございます。

ガンガン解いていくからなー!よろしく!