にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

オタク夫婦放談 週刊にしの 試験について検討されています

たくさんの読者登録ありがとうございます。

また、日々「いいね」やら。広告をもぎゃもぎゃやら。
有難うございます。電子書籍も繰り返し読んでいただい
て。感謝感激です。


新型コロナの影響で、春試験が中止となり。代替試験が
検討されています。

現在のところ、このような状況だそうです。

www.jitec.ipa.go.jp


わかりやすくいえば、

10月18日 セキュマネ ・基本・応用
11月    プロマネ・エンベデ・データベース・シス監・情安確支
12月?   ストラ・サーマネ・アーキ・ネスぺ

このような日程になりそうです。(あくまで検討段階ですが)

つまり、今年に関しては2回チャンスがあったはずの

セキュマネ ・基本・応用・情安確支

これについては1回しかないことになります。
(まあ、春試験はすぐ・・・といえばそうですが・・・ぴえん)

何故にこうなったのか(いや、コロナだけど)

たぶんですよ。

・ソーシャルディスタンスの確保
・会場の確保や消毒
・試験運営の人員確保

そんな感じかと思います。でも、試験も怖くて受けにいけない・・・
人もいると思うので、無理やり今実施する必要があるのか。疑問では
あります。


情報処理技術者試験を愛するが故に、心配になります。

いっそ、思い切って
春までに試験のシステムを見直すべきではないか
と思います。


私の提案としては(どっかで書きましたが)

・午前試験の事前合格が午後試験の受験資格になる。
(オンラインCBTで合格すること。受験回数に上限あり)

・午前免除の拡充

・午後もできればオンラインCBT化する。問題について
 はそれに合わせて変更を行う。

 無理なら、試験科目ごとに午後は分散受験ですかね。

どこかで、昔の状況に戻せると信じてらっしゃる方も多い
のかもしれませんが、それには長い時間がかかります。

試験内容・科目も含めて、現代にあった試験のあり方や。
コストのかからない試験のあり方(それによって受験回数
の増加・受験料を下げる方向で)を検討するべきです。

情報処理技術者試験は「進化する」
時期にあると思う。


いじょ!

f:id:koharuwest:20200430223218p:plain


それでは!