にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

学び以上の学びを求める人であってほしい

今年も新入学の季節がやってきました。

 毎年のように、おんなじ記事を書いてるんですね・・・

www.nsnq.tech 

www.nsnq.tech

ちょっと記事が遅れましたが、コロナの影響があると思うので
時間はあるはず・・・上の記事を紹介しておきます。

教えてもらってできることもあるけど

資格系や技術系などのIT系進学では、学校で教わることはも
ちろんしっかりと学ぶべきかと思いますが。問題は、教わった
ことをどう活かして、深めていくかが大事。

例えば、プログラミングでfor eachが出てきたとしましょう。


教科書通りの動作を「ふーん」と眺めている生徒と。
家で「こういうのはできるのかな?」といろいろ実験する生徒
では、卒業までに大差がつきます。

最近の生徒様は「やれと言われたら、ちゃんとやります。」っ
ていう子が多いのですが、やれといわれた以上にはやりません。

プログラミングに限りませんが、
ITの仕事は基本的に経験値で決まります

実際に手を動かして、ミスったり失敗したことがそのまま財産
になります。トライして、エラーだった経験が技術の裏打ちに
なります。

我々資格学校の講師は(私は元だけど)教えることはできます
が、それ以上までは指導できません。

もちろん、上のようなことは語るわけですけどナカナカ自分の
身に置き換えてもらえない。


授業+αを持っている生徒は、就職しても現場で強いですし、
実力がつくのも早いと思います。

いや(笑 何も徹夜して、寝ないでやれとかそういうんじゃな
いですよ。あくまで、取り組む姿勢として。学び以上のことを
求めてもらいたいなあ・・・。

以上です!

 

f:id:koharuwest:20200324224322p:plain