にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにち高度 令和元年秋午前1問題解説 問7 問8 問9

更新時刻をワニ時刻にしてみますた

f:id:koharuwest:20200320093032p:plain

情報処理技術者試験の高度区分 午前1 令和元年秋
午前1
問題(全30問)を解いていきます。

※高度区分の試験では午前1が共通の問題で行われま
す。(免除の方は受験しなくていいです)難易度は応
用情報レベルと言われていますが、油断すると落とす
くらい難しいですよ。

問題の解き
方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。

※問題の引用についてはIPAのルールを遵守しています。


問7
キャパシティプランニングの目的の一つに関する記述
のうち、最も適切なものはどれか。

ア 応答時間に最も影響があるボトルネックだけに着
  目して、適切な変更を行うことによって、そのボ
  トルネックの影響を低減又は排除することである。
イ システムの現在の応答時間を調査し、長期的に監
  視することによって、将来を含めて応答時間を維
  持することである。
ウ ソフトウェアとハードウェアをチューニングして、
  現状の処理能力を最大限に引き出して、スループ
  ットを向上させることである。
エ パフォーマンスの問題はリソースの過剰使用によ
  って発生するので、特定のリソースの有効利用を
  向上させることである。


問8
エネルギーハーベスティングの適用例として、適切な
ものはどれか。

ア AC電源で充電したバッテリで駆動される携帯電
  話機
イ インバータ制御を用いるエアーコンディショナの
  室外機
ウ スイッチを押す力を電力に変換して作動するRF
  リモコン
エ 無停電電源装置を備えたデータサーバ


問9
データベースに媒体障害が発生したときのデータベー
スの回復法はどれか。

ア 障害発生時、異常終了したトランザクションを
  ロールバックする。
イ 障害発生時点でコミットしていたがデータベース
  の実更新がされていないトランザクションをロー
  ルフォワードする。
ウ 障害発生時点でまだコミットもアボートもしてい
  なかった全てのトランザクションをロールバック
  する。
エ バックアップコピーでデータベースを復元し、バ
  ックアップ取得以降にコミットした全てのトラン
  ザクションをロールフォワードする。

 

 

 
(解答と解説)

 

問7
キャパシティ(容量)プランニング(計画)
ということなので、向上させることでもなんでもなく
て維持するためにはどうしたらいいか、という視点で
す。

イ システムの現在の応答時間を調査し、長期的に監
  視することによって、将来を含めて応答時間を維
  持することである。

問8
エネルギーハーベスティング(エネルギーを収穫する)
なので。

ウ スイッチを押す力を電力に変換して作動するRF
  リモコン

問9
媒体障害はトランザクション自体が原因ではないので、
元に戻して再実行!しますよっ!

エ バックアップコピーでデータベースを復元し、バ
  ックアップ取得以降にコミットした全てのトラン
  ザクションをロールフォワードする。