にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにち高度 令和元年秋午前1問題解説 問1 問2 問3

禁断の高度区分に行きます。レッツゴー!

f:id:koharuwest:20200320093032p:plain

情報処理技術者試験の高度区分 午前1 令和元年秋
午前1
問題(全30問)を解いていきます。

※高度区分の試験では午前1が共通の問題で行われま
す。(免除の方は受験しなくていいです)難易度は応
用情報レベルと言われていますが、油断すると落とす
くらい難しいですよ。

問題の解き
方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。

※問題の引用についてはIPAのルールを遵守しています。


問1

f:id:koharuwest:20200321105159p:plain

f:id:koharuwest:20200321105116p:plain


問2
通信回線を使用したデータ伝送システムにM/M/1
の待ち行列モデルを適用すると、平均回線待ち時間、
平均伝送時間、回線利用率の関係は、次に式で表すこ
とができる。

f:id:koharuwest:20200321105235p:plain

回線利用率が0%から徐々に増加していく場合、平均
回線待ち時間が平均伝送時間よりも最初に長くなるの
は、回線利用率が幾つを超えたときか。

ア 0.4
イ 0.5
ウ 0.6
エ 0.7


問3
AIの機械学習における教師なし学習で用いられる手
法として、最も適切なものはどれか。


ア 幾つかのグループに分かれている既存データ間に
  分離境界を定め、新たなデータがどのグループに
  属するかはその分離境界によって判別するパター
  ン認識手法
イ 数式で解を求めることが難しい場合に、乱数を使
  って疑似データを作り、数値計算をすることによ
  って解を推定するモンテカルロ法
ウ データ同士の類似度を定義し、その定義した類似
  度に従って似たもの同士は同じグループに入るよ
  うにデータをグループ化するクラスタリング
エ プロットされた時系列データに対して、曲線の当
  てはめを行い、得られた近似曲線によってデータ
  の補完や未来予測を行う回帰分析

 
(解答と解説)

問1f:id:koharuwest:20200321105116p:plain


図に書きたいけど、言葉で説明します。
問題が、NOT A AND NOT B なので 変形すると A OR B
つうことです。

ア NOT A ーB  これが正解です。


問2
通信回線を使用したデータ伝送システムにM/M/1
の待ち行列モデルを適用すると、平均回線待ち時間、
平均伝送時間、回線利用率の関係は、次に式で表すこ
とができる。

f:id:koharuwest:20200321105235p:plain

回線利用率が0%から徐々に増加していく場合、平均
回線待ち時間が平均伝送時間よりも最初に長くなるの
は、回線利用率が幾つを超えたときか。

ア 0.4
イ 0.5
ウ 0.6
エ 0.7

1を代入してみましょう
回線利用率が0の時は、当然1なのですが

ア 1X0.4/(1-0.4)=0.6666
イ 1X0.5/(1-0.5)=1

なので、イが正解になります。


問3
AIの機械学習における教師なし学習で用いられる手
法として、最も適切なものはどれか。


ア 幾つかのグループに分かれている既存データ間に
  分離境界を定め、新たなデータがどのグループに
  属するかはその分離境界によって判別するパター
  ン認識手法
イ 数式で解を求めることが難しい場合に、乱数を使
  って疑似データを作り、数値計算をすることによ
  って解を推定するモンテカルロ法
ウ データ同士の類似度を定義し、その定義した類似
  度に従って似たもの同士は同じグループに入るよ
  うにデータをグループ化するクラスタリング
エ プロットされた時系列データに対して、曲線の当
  てはめを行い、得られた近似曲線によってデータ
  の補完や未来予測を行う回帰分析

教師なし学習はラベル(正解)を与えない学習法です。
教師なしといえば、クラスタリング。ウです。