にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

Unityで学ぶプログラミング ゲーム作成するぞ(8)主人公の落下・タルの生成

(注意)
今回の連載は割と中級者向けかもしれません。
ある程度ゲームを作ったことある人のためのもので、
細かい説明を省略しています。じゃないと完成まで
わらないのです。ごめんだけど、よろしくお願い
します。


今回も前回の続きになります。

www.nsnq.tech

 
今回はゲームの細やかなところを調整していきまし
ょう。

f:id:koharuwest:20191231161859p:plain



まずは、コースですが。タルをジャンプで避けるだ
けじゃなくて横にかわすことができるように、コー
スを改造しました。

planeを2枚置いただけですけどね。


また、プレイヤーが落下したらスタート地点に戻る
ようにプログラムを改造しました。

f:id:koharuwest:20191231162123p:plain
プレイヤーの初期位置と、どのくらい落下したら戻
すのかを考えて数値を決めます。


次に、タルが5秒に1回生成されるようにします。

ここで登場、ゲームディレクター。これで全体の動
きのコントロールをしていきましょう。

f:id:koharuwest:20191231162240p:plain

プログラムをこのように組んで、directorにアタッチ。

f:id:koharuwest:20191231162500p:plain





タルをプレハブ化しておいて。

f:id:koharuwest:20191231162408p:plain



プログラムのaにツッコミます。

f:id:koharuwest:20191231162434p:plain



これでいけるのですが、まずいのは2点

(1)出てくるタルの向きがおかしい

f:id:koharuwest:20191231162555p:plain



(2)タルが増殖しすぎて消えなくて困る

f:id:koharuwest:20191231162635p:plain




こんなところでしょうか。そいでは、次回はそれを
解決していきましょう。

それではよきプログラミングライフを!
またね。