にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

ネスペちゃん01「メール」その1

<ネスペちゃん01について>
ネスペちゃん01はネットワークの用語やセキュリテ
ィのお話について、「難しい」イメージから「意外と
面白い」に変えるのが目的です。そのため、あえて大
胆なたとえや、表現を使っています。

そんなわけで、結果的に、緻密さを犠牲にする部分が
あります。詳しく知りたい方は、さらに勉強しよう!
ってことで。よろしくお願いします。(にしの)

-------------------------

 


今回はメールのプロトコルについて学んでみたいと思
う。メールのプロトコルといえば?
f:id:koharuwest:20190608231544j:plain

POP SMTP IMAPです!
f:id:koharuwest:20191118231119p:plain

大変よろしい、それぞれ役割を述べてもらえるかな?

ITパスポートで勉強したので、楽勝ですよ。
POPはメールを受信するプロトコル。
SMTPはメールを送信するプロトコル。
IMAPはメールサーバの中を操作するプロトコル
ですよ!

プロトコルって何?

通信の約束や決まり事のことです。

なんで、メールの送受信で3つもプロトコルが必要
なの?って思わない?

思いますけど、なんででしょうね?

メールの送受信ができるプロトコル
ひとつあれば良
くない?

言われてみればそんな気がしますね(今日は絡むなあ)

そう思って、なんでプロトコルを3つ使うのか調べ
てみたのだが。結論めいたものがない。ただ、推測
するに。

・ひとつのサービスにすると処理に負荷がかかる。

・送受信を分けることで、役割が明確化する
 (例えばフィルタリングにしても、送信はOKだ
  が受信はダメ!とか運用しやすいんでは?)

・サービスが止まった時のリスク分散。


こんな感じかなあと思う。(正確なところはもし、
わかれば教えていただきたい)

というわけで、次回はひとつひとつのプロトコル
のお仕事について述べていきたい。

(続きます)