にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

Unityで学ぶプログラミング ゲーム作成するぞ(5)ジャンプしちゃう

(注意)
今回の連載は割と中級者向けかもしれません。
ある程度ゲームを作ったことある人のためのもので、
細かい説明を省略しています。じゃないと完成まで終
わらないのです。ごめんだけど、よろしくお願いします。

今度はジャンプさせてみますね。

(1)アニメーションは慣れましたか?


この辺の記事の復習になります。新しいことはあんまり
してません。

 

www.nsnq.tech

 

 

www.nsnq.tech

 

Animatorでemptyを作って、jumpと名付ける。
motionも割り当てておきましょう。

f:id:koharuwest:20191201180512p:plain

transitionを双方向に作って
f:id:koharuwest:20191201180528p:plain

Bool型のtriggerを作っておく。

f:id:koharuwest:20191201180543p:plain

行く方向はこれ。Has Exit Timeを外しておくと良い。
(押したらすぐモーションして欲しいから)

f:id:koharuwest:20191201180558p:plain
逆側はこれ。これはHasExitTimeはチェックを入れる。
(ジャンプが終わるまで、モーションして欲しいから)

f:id:koharuwest:20191201180615p:plain

で、プログラムを書き換える。

f:id:koharuwest:20191201180646p:plain

スペースキーを押すと、飛んだぞ!

f:id:koharuwest:20191201180627p:plain


というわけで、アニメーションの使い方は
少し慣れてきたでしょうか。

今度は方向を変えたり、後ろに動いたりさ
せつつ。ゲームづくりを進めていきたいと
思います。

それではよきプログラミングライフを!
またね。