にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにちあいぱす 令和元年問題解説 問45 問46 問47 問48

やっほーい!

f:id:koharuwest:20191109231746p:plain

ITパスポート試験の令和元年秋問題を解いていき
ます。問題の解き方や考え方をなるべくわかりやす
く、解説してみる連載です。 

問45
会計システムの開発を受託した会社が、顧客と打合せ
を行って、必要な決算書の種類や、会計データの確定
から決算書類の出力までの処理時間の目標値を明確に
した。この作業を実施するのに適切な工程はどれか。

ア システムテスト
イ システム要件定義
ウ ソフトウェア詳細設計
エ ソフトウェア方式設計

問46
システム開発後にプログラムの修正や変更を行うこと
を何というか。

ア システム化の企画
イ システム運用
ウ ソフトウェア保守
エ 要件定義

問47
ソフトウェアの品質を判定する指標として、機能単位
の不良件数をその開発規模で割った値を”不良密度”と
定義する。不良密度の下限値と上限値を設定し、実績
値がその範囲を逸脱した場合に問題ありと判定すると
き、A工程では問題がなく、B工程で問題があると判
定される機能はどれか。

ここで、不良密度の下限値は0.25件/KS、上限
値は0.65件/KSとする。また、不良密度の下限
値、上限値及び開発規模は、両工程とも同じとする。

f:id:koharuwest:20191113231133p:plain



問48
サービスレベル管理のPDCAサイクルのうち、C
(Check)で実施する内容はどれか。

ア SLAに基づくサービスを提供する。
イ サービス提供結果の報告とレビューに基づき、サ
  ービスの改善計画を作成する。
ウ サービス要件及びサービス改善計画を基に、目標
  とするサービス品質を合意し、SLAを作成する。
エ 提供したサービスを監視・測定し、サービス報告
  書を作成する。

 

 

(解答と解説)


問45
要件定義になります。イが正解。

問46
保守といいます。ウが正解。
保守って現状維持のイメージがありがちですよね。

問47

f:id:koharuwest:20191113231133p:plain

上限下限を求めます。
式は、上限(下限)X開発工数 
上限が0.65 下限が0.25なので 

ア 上限  6.5 下限  2.5
イ 上限 14.0 下限  5.0
ウ 上限 32.5 下限 12.5
エ 上限 52.0 下限 20.0

なので
  上限 下限
ア O       O

イ X       O

ウ X  X

エ O  X

よって、エが正解です。

問48
ChecKは評価なので、エが正解。