にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

ネスペちゃん01 連載についての補足

<ネスペちゃん01について>
ネスペちゃん01はネットワークの用語やセキュリテ
ィのお話について、「難しい」イメージから「意外と
面白い」に変えるのが目的です。そのため、あえて大
胆なたとえや、表現を使っています。

そんなわけで、結果的に、緻密さを犠牲にする部分が
あります。詳しく知りたい方は、さらに勉強しよう!
ってことで。よろしくお願いします。(にしの)



------
ネスペちゃんいつもありがとうございます。比較的、
好評な連載なので。頑張って書いています。 
f:id:koharuwest:20190608231544j:plain

ありがとうです!
f:id:koharuwest:20190831114239p:plain

さてさて、今回はこの連載についてお話をしようと思
う。一番最初から読んでいただけたら分かると思った
のだが、上のような文章を追加することにした。

はいはい。めんどくさい文書ですな。注意書きですか。

この連載については質問も多くてね。
その大半は「分かってる方」からの質問です。
その表現はどうの・・・みたいなやつです。

そもそも、にしのクエスト2自体がそういうコンセプ
トなんだけどね。面白く緻密であればいいんだけど、
わかりやすく例えを使うためには、緻密を削らねばな
らん。

風速50メートルの風で部屋にあった3枚がさねの私
が所有する布団が吹っ飛んだ!のどこが面白いのか。

頑張って、両立させればいいじゃん。

頑張ってるんだけどね。っていうか、チェック入れて
る人たちがそれをやればいいのに・・って思う。

なんども書くけど、ITを学びたいという裾野を広げ
ないと結果、作者の首が締まるんだよね。私自身の切
実な問題だ。

理解できない人は来るな、分からなければ自分で調べ
ろ、俺の若
い頃は・・・っていうのはもう、ダメだと
思うよ。
人口自体が減ってるわけじゃないですか。

他の産業との人材の取り合いになった時、ITが魅力
あるもので、学びがいのあるものにしなければならん。

そのためには、諸先輩がたも靴を脱いで、下まで降
てきてもらいたい。私と一緒に泥水に浸かって、
手取
り足取り田植えを教えんと、後継者は育たんぞ。
後継者を失えば、困るのは自分だぞってこった。

また、わかりやすいけど緻密さに欠ける例えですな。

まあな。