にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

まいにち基本 平成31年春午後問題解説 問3その1

表作成の問題のように見えますが、ビビらないでよく
読もう。

f:id:koharuwest:20190831114239p:plain


午後の問題を少しずつ解説していく連載です。
・赤字は「私ならここに線を引くなぁ」という場所。
・青字は私が考えたことや注釈などです。
皆さんも一緒に問題を読みながら、解答の方法をトレ
ースしてみていただけたら、幸いです。

 

問3 
定期健康診断のデータが登録されているデータベース
に関する次の記述を読んで、設問1~3に答えよ。

D中学校では、年に1回、定期健康診断を実施し、結
果をデータベースに登録している。

身長と体重の測定結果は、身長の単位はcm、体重の
単位はkgとして、いずれも0.1刻みで健診結果表
に登録している。定期健康診断を受ける生徒の生年月
日、性別などの属性情報は、受診者情報表に登録して
いる。


健診結果表を作成するSQL文の一部と、受診者情報
表を作成するSQL文を次に示す。

f:id:koharuwest:20190921222540p:plain

ここで、DECIMAL(x、y)は固定小数点数を
扱うデータ型であり、xは精度であって、表示する数
字の桁数を示し、yは位取りであって、小数点以下の
数字の桁数を示す。例えば、データベースに175.
5を登録するには、xに4を、yに1を指定する。

健診結果表及び受診者情報表のデータ(以下、定期健
康診断データという)から、身長と体重を統計データ
として参照するために、測定結果ビューを使用する。
測定結果ビューを作成するSQL文を次に示す。

f:id:koharuwest:20190921222621p:plain

f:id:koharuwest:20190921222723p:plain


設問1
2010年度から2019年度までの定期健康診断デ
ータを基に、男子生徒の体格の推移を見る。次のSQ
L文の実行結果を用いて、図1に示す体格推移表を作
成した。平均身長と平均体重は小数第2位を四捨五入
した値である。SQL文の(  )に入れる正しい答
えを、解答群の中から選べ。

ここで、c1とc2に入れる答えは、cに関する解答
群の中から組合せとして正しいものを選ぶものとする。

f:id:koharuwest:20190921224811p:plain

f:id:koharuwest:20190921222756p:plain

 


設問1

ワイルドカードを使うにはlike句を使います。
_は任意の1文字なので、アが正解です。


表を見ると、男子生徒を引っこ抜いています。
表作成の時に、0を男と定義してるのですが、
ビューでは「男」が正解です。ウ。


年度も学年も昇順なので、ASCです。ア。

(次回に続く!)