にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

まいにち基本 平成31年春問題解説 問77 問78 問79 問80

80問、あっという間だったね!(苦汁

f:id:koharuwest:20190624224831p:plain



基本情報の平成31年春 午前問題(全80問)を
解いていきます。問題の解き方や考え方をわかりや
すく、解説してみる連載です。


問77
図は特性要因図の一部を表したものである。a、b
の関係はどれか。

f:id:koharuwest:20190914175645p:plain

ア bはaの原因である。
イ bはaの手段である。
ウ bはaの属性である。
エ bはaの目的である。


問78
表の条件でA~Eの商品を販売したときの機会損失
は何千円か。

f:id:koharuwest:20190914175728p:plain
ア  800
イ 1500
ウ 1600
エ 2400


問79
著作者人格権に該当するものはどれか。
ア 印刷、撮影、複写などの方法によって著作物を
  複製する権利
イ 公衆からの要求に応じて自動的にサーバから情
  報を送信する権利
ウ 著作物の複製物を公衆に貸し出す権利
エ 自らの意思に反して著作物を変更、切除されな
  い権利

問80
インターネットで利用される技術の標準化を図り、
技術仕様をRFCとして策定している組織はどれか。
ア ANSI
イ IEEE
ウ IETF
エ NIST

 

 

(解答と解説)

問77
特性要因図では、結果とその原因について描
かれます。この場合はaが結果になるので正
解はアです。


問78
機会損失とは、需要があったのに、商品がなかった!
というやつです。なので、

A       100
B    0
C    0
D  800
E 1500

となり、エが正解になります。


問79
著作権は財産権と著作者人格権に分かれますが。
人格権では経済的なものより権利そのもののことに
ついての権利となります。正解はエです。

問80
RFCといえば、WWWとかそういうインターネッ
トの技術標準ですね。
IETF(Internet Engineering Task Force)すなわち、
ウが正解です。

お疲れ様!