にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

まいにち基本 平成31年春問題解説 問65 問66 問67 問68

このブログはニッチ戦略を取っています(涙

f:id:koharuwest:20190908075419p:plain

基本情報の平成31年春 午前問題(全80問)を
解いていきます。問題の解き方や考え方をわかりや
すく、解説してみる連載です。
 

問65
投資案件において、5年間の投資効果をROI(R
eturn On Investment)で評価
した場合、四つの案件a~dのうち、最もROIが
高いものはどれか。ここで、割引率は考慮しなくて
もよいものとする。
f:id:koharuwest:20190908075857p:plain
ア a
イ b
ウ c
エ d


問66
非機能要件項目はどれか。
ア 新しい業務の在り方や運用に関わる業務手順、
  入出力情報、組織、責任、権限、業務上の制約な
  どの項目
イ 新しい業務の遂行に必要なアプリケーションシス
  テムに関わる利用者の作業、システム機能の実現
  範囲、機能間の情報の流れなどの項目
ウ 経営戦略や情報戦略に関わる経営上のニーズ、シ
  ステム化・システム改善を必要とする業務上の課
  題、求められる成果・目標などの項目
エ システム基盤に関わる可用性、性能、拡張性、運
  用性、保守性、移行性などの項目


問67
企業経営で用いられるコアコンピタンスを説明したも
のはどれか。
ア 企業全体の経営資源の配分を有効かつ統合的に管
  理し、経営の効率向上を図ることである。
イ 競争優位の源泉となる、他社よりも優越した自社
  独自のスキルや技術などの強みである。
ウ 業務プロセスを根本的に考え直し、抜本的にデザ
  インし直すことによって、企業のコスト、品質、
  サービス、スピードなどを劇的に改善することで
  ある。
エ 最強の競合相手又は先進企業と比較して、製品、
  サービス、オペレーションなどを定性的・定量的
  に把握することである。


問68
特定顧客、特定製品のセグメントに資源を集中し、専
門化を図る戦略はどれか。
ア チャレンジャ戦略
イ ニッチ戦略
ウ フォロワ戦略
エ リーダ戦略

 

 

(解答と解説)

問65
f:id:koharuwest:20190908075857p:plain
全部たして投資額で割ります。
ア a 135/100=135% 
イ b 240/200=120%
ウ c 360/300=120%
エ d 525/400=132%?

ということで、アが正解になります。


問66
ここでいう機能とはPCやらシステムにおいての機能
のことをいいます。これらを構成するのに必要な要件
を機能要件といいますが、それ以外を非機能要件とい
います。一般的には制約条件と品質条件と覚えてね。
なので、エが正解。

問67
コア(中核となる)コンピタンス(強み)なので、イ
が正解となります。

問68
誰も手をつけない、小さな市場に特化することをニッ
チといいます。イが正解。